過去ログ - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

過去ログ

子羊が生まれて

まだ肌寒さが残っていて、光も薄い。そんな山に行くと、弱々しい緑色の中で、子羊が沢山生まれていました。首の鈴がリンリンと、草を食んだり、飛び跳ねる度に響いています。「誕生」という春の兆しが、ここに訪れていました!春がまたやってくる、巡りの希望が育っているのを、しずかに感じられたひと時でした。...

  • 2017.02.22

カンタル県のGite

前記事のオーヴェルニュ料理を出してくれたのは、友人の友人がやっているジット(Gite=ペンション、民宿)。スキー客が多いMurat市の近くでした。かわいいインテリアで、気分転換バッチリ。寛げる居間。羊飼いの小屋だそうです。Murat の町。丘の上に立って町を見下ろしているのは、白いマリア像。散歩途中のお屋敷。クレルモンは赤レンガ色でしたが、この地方の屋根はすべて黒(グレー)です。雪が多い地方なので、急斜面の...

  • 2017.02.03

オーヴェルニュ料理でお腹いっぱい

これはまだ、ジャガイモに混ぜたチーズが完全に溶けてない状態。あ、いい感じになってきました。もうすぐ、もうすぐ。はい、アリゴでーす!焼いたソーセージと一緒に召し上がれ!これは、ポテ。キャベツや人参、ポテト、カブなどを煮込んだものですが、塩漬け豚肉の旨みがたまりません。身体が暖まる一品。これは、ほうれん草のプンティ。「ケーク・サレ」と、おしゃれな言い方もあるようですが、私的には、「オーヴェルニュ焼き」...

  • 2017.01.30

雪のクレルモン

昨日のクレルモンフェランは、こんなでございました。よく雪が降った日でした。歩く人は、傘もささず真っ白になりながら、それでもサクサク歩いていましたが、車は渋滞。この中、私は車が故障して、レッカー車を待つこと2時間。止まったところが総合病院の近くだったので、待合室で寒を免れました。高速のど真ん中で故障しなくて良かったナナは学校から家まで帰るのに、雪のため大幅に遅れたバスに、ぎゅうぎゅう詰めで乗れたはい...

  • 2017.01.27

ブラブラカー

昨年の後半はあまり更新できませんでしたので、取り戻そうと思ってがんばって書いていますが、いきなり、更新しすぎでしょうか?(笑)チューブから出ないと思っていたケチャップが、ドバッと出た感じかもしれませんが、まだまだお付き合い下さいませトトが去年の9月から下宿生活に入り、ここへ来る長距離バスや電車の便が不便な町でひとり暮らしをするようになって、なかなか気軽に帰省する、というわけにはいかなくなりました。...

  • 2017.01.14

フランスの松の内

1月6日はエピファニーで、フェーヴの入ったガレットを食べる日でした。(説明はこちらの記事でどうぞ)その日仕事場で会った知り合いのフランス人が、「僕はもう4個も食べましたよ。ガレットは、僕が世界中で一番好きなケーキです!」と目を輝かせて言ったので、クリスマスから甘い物続きだけど、そうだ、行事物はやっぱり食べなくちゃ、とその気をもらって買いに行きました。ナナはフランジパンが好きじゃないし、ペロリと平らげ...

  • 2017.01.11

成人式

昨日は日本の成人の日でしたね。友人から送られてきた、成人した艶やかな和服姿の娘さんの写真を見たら、ものすごく感動してしまい、じーんと泣けてきた私です。立派に成長したし、立派に育てました。日本の未来、日本の宝、それを私の友人が育て上げたんだな、と思ったら、また感慨もひとしおでした。フランスの成人は18歳ですが、成人式という公式のものはないので、まったくあっさりしたものです。幼稚園から大学までの、入学式...

  • 2017.01.10

ビズの罪

例年より早めにインフルエンザが猛威を揮っているそうです。私の周りでも、年末から年始にかけて、ばたばたとやられています。幸い、私も家族も今のところ元気にしておりますが、こうなると、ビズが怖い・・・。挨拶のビズ、ほっぺにチュッチュッ、と必ずやるやつですが、これで風邪などのウイルスは、結構簡単にうつってしまいます。経験者として一家全員辛い思いをしている身としては、こうした時期にはビズ警戒注意報  が頭の...

  • 2017.01.08