カテゴリー "ホストマザー記" の記事 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

カテゴリー "ホストマザー記" の記事

メキシコの小鳥ちゃん

私がフィリップの受入れで四苦八苦、七転八倒、いやいや、めげずに七転び八起き、孤軍奮闘の毎日を繰り返していた間、フィリップ記事をアゴの筋肉をゆるませながらそれはそれは楽しみに読んで下さっていた読者の方が、意外や意外に多かったということを、あちらこちらから教えていただきました。そして、フィリップが去った後、「いい子のメキシコちゃんだと記事がつまらなくなって残念だわ~」と念押しまでいただきました(笑)。...

  • 2014.04.28

困った人と出会ったら

ホストマザーとして使い慣れない脳みその筋肉をコキ使い過ぎたのか、使ったにしては未消化のことが多すぎたせいか、はたまたこれがホストマザー燃え尽き症候群なのか、この冬は例年にない暖冬だったにもかかわらず、フィリップが去った後、1月から2月いっぱいずっと疲労困憊していました。疲れが取れない・・・「なんか、人が1人背中に乗っかっているように、カラダが重いのよ。」という私に、「それはそうよ、だってママの背中...

  • 2014.04.09

おつりは・・・?

1サンチームや2サンチーム、5、10サンチームなどの小さな硬貨を、バラバラとテーブルに放り投げて、大急ぎで部屋に駆け戻っていったフィリップ。(1円、5円、10円という感じです)あれ?なんでこんなに小銭なんだ?と、ひっかかって、普通なら特に数えもしないおつりを眺めてみると、数えるまでもなく小さな硬貨たちは足しても1ユーロを超えません。あれ?・・・えーと、こんなもんだっけ?結構するのね、ポテトチップ2...

  • 2014.04.08

追伸?

4月に入り、2つ目のホストファミリーである義父母のところから3つ目のホストファミリーにフィリップが移ったところで、ようやーっとのことで、私の肩の荷が下りました。やはり義父母のところで何かあったら、と思うと、自分の子ではないにしろ、ホストファミリー役を引き受けてくれた彼らに対して申し訳ないと責任を感じていましたから、やっとやっとやっと、解放された気分でホッとしました。ちょこちょこお金を借りたり、小ウ...

  • 2014.04.04

フィリップ、詩人になる、の巻

(もうおわかりいただいていると思いますが、また長文です)フィリップは、スーツケースを開けるやいなや、カリスマ教祖のような女性の特大写真を真っ先に部屋に貼り、我が家に来た当日に「母はボクのアイドルであり女神であり崇拝する絶対的な存在なんです。」と宣言しました。だから、僕ら兄弟は母と一生一緒に暮らすし、仕事も一緒にするし、お墓までも一緒について行く。と言う16歳の男の子を前に、私は正直、得体の知れない不...

  • 2014.03.22