カテゴリー "フランスの行事" の記事 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

カテゴリー "フランスの行事" の記事

大叔母さんの葬儀

明るい日差しに恵まれた二日間でした。大叔母さんの住んでいたアヴェロン地方に行ってきました。お葬式前夜に、葬儀社の中にある安置所で、私たち家族と義両親だけで大叔母さんに会ってきました。きれいな桃色のお気に入りの服は相変わらず肌色によく似合って(私が以前プレゼントした服を義母が着せてくれていたのでした)、ベッドでレースに包まれている彼女は、まるで眠っているかのようでした。まつ毛がパチリと開いて「あれま...

  • 2015.02.11

今年のクリスマス

クリスマスの3日間、たくさんたくさんたくさん・・・心も晴れ晴れと美味しいものを食べて飲んできましたっ。お腹もいっぱいになりますが、1年の終わりに家族親族がみな揃って贅沢な食事ができる健康と幸運に、感謝で心もいっぱい。ありがたいことですフランスのクリスマスは、家族のための日。子供たちにとっては、一年の指標であり、基本に立ち返る場所であり、家族という歴史の中での自分たちの存在を確認する、大切な行事なの...

  • 2014.12.27

結婚式の贈り物

結婚式に呼ばれて行ってきました。フランスの結婚式は、教会+市役所+カクテル+食事という構成になっています。教会で挙げず、市役所で市長さんの前で宣誓を行う式のみのカップルもいますが、今回の新郎新婦は伝統的なカトリックの家系なので、地元の教会で式を挙げました。そしてカクテルには沢山の人を呼び、その後の食事は身内や親しい友人だけでする、というのが一般的なスタイルです。私たちは新郎新婦ではなく、新郎の両親...

  • 2014.08.15

しあわせな母の日

5月の最終日曜日はフランスの母の日でした。お兄ちゃんが留学中でいないけど、ちゃんと1人でプレゼントを考えて祝ってくれたナナ。あぁ大きくなったんだな・・・と感じた瞬間でもありました。そして、この週末は友だちと南仏に行っていたメキシコ小鳥ちゃんは、昼間、南仏から携帯メッセージで母の日を祝ってくれました。それだけで十分うれしかったのですが、なんと夜遅く、旅行かばんと共に帰宅した彼女、大きな花束を抱えて戻...

  • 2014.05.26

カトリックのコミュニオンとケーキとニンニク

今では全員がするわけではないようで、カトリックに興味のないフランス人も多くなっているようですが、カトリック伝統国としては洗礼というしきたりがあります。赤ちゃんが生まれた時に洗礼を受けますが、その後学童年齢になってから2-3年間、定期的に教会などに通って聖書やキリストについて学びます。そして10歳ぐらいの時に「初めてのコミュニオン」というものが行われます。それは、キリストが最後に12人の弟子を集めて...

  • 2012.05.14