プラスチックの食器 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

プラスチックの食器

  • 2006.08.01
camping2006b.jpg


プラスチック製の容器はどうも好きになれなくて、ましてや色つきのものなんて、とってもじゃないけどそれに何かを入れて食べたいという気になれない。不美味そうに見えるから、食べ物にも失礼だと思う。
・・・なんてずっと思っていたのに、リヨンのIKEAに今年の初めだったかに行った時に、見かけたコレ。
思いっきりハデな色つきで、ゲーッと思ったのに、次の瞬間「あっこれ使ったら子供たちキャンプがより一層楽しめるかな?」と、ふっと思いついてカートに入れてしまいました。なにしろ安かったから気軽に。(値段は忘れてしまいましたが。)
紙コップや紙皿を毎回捨てるよりはゴミを出さずに使えたほうがいいし、かといって大人っぽい本格的なキャンプ用の容器じゃつまらない気がして。遊んでみるのもいいか、と思ったわけです。

今回初めてキャンプで使ってみたのですが、自分でもびっくりするくらい正解。
安い単なるおもちゃだと思っていたけど、フォークやスプーンの使い心地の良いこと!
口に入れた時の感触がとってもよいのです。ナイフも持ち心地がよいし。
ちゃんと計算されてるんでしょうかねぇ。
お椀やお皿は見た目小さすぎるような気がしたのですが、これもキャンプの食事にはちょうどよい大きさでした。洗うのも簡単で、子供たちが食器洗い当番になったときでも楽しく洗えたようです。
お見それしました。
おかげ様で楽しいキャンプを過ごしました。

息子トトのテーブルセッティング。
ピンクはナナ、オレンジはトト、黄色はパパ、ブルーは私。

camping2006.jpg


関連記事

12 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)