かじられました - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かじられました

  • 2006.06.07
こんなことしてる場合じゃないんですってば。

やりたい・やらなければならないことが一度に沢山ありすぎて、まず頭がひとつじゃ足りない。
目も二つじゃ足りない。腕も2本じゃ足りない。千手観音になりたい。体がもうひとつ欲しい!・・・そんな圧力鍋が熱してきた時みたいに、シューシューと頭から湯気が出ているような状態なのに、

調べモノをしようとネットに向かった私に、画面のツレないメッセージ。「接続に問題があるようです

あら?何かしら、時々ADSLの接続がうまく行かない時があるけれど、何か違う感じ。
次の瞬間に気がついた。

バンビ!!!!!!!

うさぎのケージを掃除したさっき、家中のドアを閉めて掃除したつもりだったのに、どこにスキを見つけたんでしょう!バンビはサロンに抜けて、ソファの後ろのお気に入りの場所にちゃっかりといました。何が彼女の気に入っているかって、そこは、パソコンからつないだ大好物の電話線があるところ・・・

やられた!

線を手に取ると、思い切り齧られて切断されていました。

バンビよ、かじりたいのはわかる。あなたの習性だから文句は言わない。
丈夫な歯なのは何より。
でも、何も今日じゃなくったって・・・

fil.jpg


こんなことしている場合じゃないんですけど、仕方なく、線をつなぎ始めました。(バンビをケージに入れようとしたのですが、こういう時に限って向こうもつかまるまいと逃げ続け、テーブルの下を四つんばいに這って追いかけっこをし、テーブルのまわりをバターになりそうなほどぐるぐる回り、30分ほど追いかけっこをした後でした・・・)

子供の頃、よく父がこうやって電気の線を直していたのを見ていたものです。


時間がないのにほんとうに・・・ブツブツブツ・・・
と、呟いていたはずなのに、
いつのまにか、心静かに、夢中になってやっている自分がいました。

そういえば、こういうことが好きだったんだなぁ。
よく、こわれた電化製品のフタをはずしては、中味をいじくるのが好きでした。
子供の頃、大好きだった玩具のひとつに、父がそんな私を見てどこからか探して持ってきてくれた壊れたテレビがあったっけ。
後ろをカパッとはずすときの、わくわくした感じ。
それで何をするというわけでもないけれど、何かが出来そうな感じが好きだった。
私の脳ミソは完全文系で、数字や図式が出てくるものには絶縁された電気と同じくらい、何の反応も示さないのですが、それとはまた違ったものなのでしょう。

懐かしい子供の頃の父との思い出に浸りながら、
ウサギのおかげで、思いがけず、遊ばせてもらいました。

無事ネットに接続できて、こうしてブログも書けたし、めでたしめでたし。(だからこんなことしてる場合ではないはずでは・・・。)

関連記事

6 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。