ひなぎくの空 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

ひなぎくの空

  • 2006.05.13
たまには、草むらに寝っころがってみようか。
親指の爪ほどの小さな花が、こんなに大きく見える。
ふーん、こんな風に空が見えてるんだな。
青空がすごく近い。
たぶん、私が見ているより、近い。
足元の花たちの方が、空が近いのは
ただまっすぐにすっくと生きてるからだ。
躊躇することなく、
卑下することなく、
ただ、ただ、命を咲かせているから。
天のメッセージを受取るように
精一杯の花びらを広げて。

mai.jpg


当分の間、更新はあまりしなくなると思いますが、(今さら何を改めて?)手離したわけではありませんので、
気~長~に・・・お付き合い下さいね。


・・・・・と言い切ってしまうと、無性に書きたくなる、天邪鬼な私、だけど。



**
このデージー(ひなぎく)は皮膚病、肝臓の炎症、傷口、頭痛などに効く薬草なのだそうですよ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。