アジア食品いろいろ - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アジア食品いろいろ

  • 2005.12.20
週末リヨンに行った機会に、中華スーパーでアジア食品を仕入れてきました。
クレルモンにはアジア食品店が二つありますが、お米の小パックの値段で比べると、ひとつは以前からあり無愛想なフランス人兄弟が経営しているお店でリヨンよりも約3倍高く、もう一つは最近出来た感じの良いヴェトナム人が経営しているもので約2倍でした。リヨンに行くついでがあれば、買いだめをするとお得なのです。

asiatique.jpg


久しぶりに買ったのは、左手前の黒胡麻糊。
これ、中国に留学していた頃、よく食べてたんです。
なつかしい食べ物!
すった黒胡麻を葛湯でとかしたような感じで体も温まるの。とかした真っ黒いものがお椀の中のもの。イカ墨じゃないですよ(笑)。
デザートなのですが、朝からご飯をモリモリ食べられない私は、よく朝食にこれをすすってから授業に臨んだものでした。

簡素な机とベッドを並べた寮の部屋の様子、窓の外の景色、ルームメイトや留学生仲間の姿、食堂、遊びに来た中国人学生、これを飲みながら勉強した教科書・・・・・・様々なイメージが果てしなくお椀の上に湯気とともに広がります。
そうだ、レストランが2日続いたら今日はすこし胃がもたれ気味なので、お昼はこれにしよう。

おうどん、おそばも1人の時の昼食によく登場します。
今は中国や韓国製のおうどんやおソバも売ってるんですね。今回、四川坦坦麺という香港製のおうどん、スープ粉末付きなので試しに買ってみました。辛いスープの細うどん、どんな感じでしょうか?

その右となり、Banh Xeoという粉。
少し前にヴェトナム人の友だちが作ってくれた、もやしと海老入りのヴェトナムクレープがとてもおいしかったので、これを見た瞬間「あら、これだわ♪真似して作ってみよう」と思って買ってみました。ところが家に帰ってきてよくみると、コレ、タイのものです(笑)。
間違っちゃったかな?ま、試してみましょう。

さらに右となり、一番右奥のは、タイのイカ干しみたいなものでしょうか??お酒のおつまみに初めて買ってみました。

手前の日本米、錦はカリフォルニア米。これもいつも食べているわけではありませんが、変化をつけるために買ってみました。あとは日の出と書いて Shinode とルビを振っているあの有名な(笑)イタリア産のお米も時々買います。「あんた、江戸っ子だね!」とひとりでツッコミを入れて食べています(^-^)
お米がないと落ち着かない私ですが、こちらの料理に合わせるので日本米オンリーじゃなくても大丈夫。いつもはタイの新米を100kg揃えておいて、純和風に食べたい時だけ時々日本米を食べています。
そうすると、日本のお米の粘り、コクに改めて新鮮な感動を覚えるんですね。同様にタイの新米の香りも改めて新鮮です。

左端のたらこ茶漬け、思わず買い物カートに入れていました!
でもよく見たら、3袋入り2,65ユーロだって。380円くらい?
たか~い御茶漬けになりました~。
関連記事

10 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。