フランスで保湿化粧水 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

フランスで保湿化粧水

  • 2017.06.01
フランスに暮らす日本人女性が戸惑うことの1つに、
保湿化粧水がない!
ということがあると思います。

似たような見かけのボトルは沢山あるのですが、ほとんどが拭き取り化粧水なのです。

保湿したい!!と思って買いに行くと、クリームになってしまう。
私はミックス肌なので、クリームはちょっと・・・と言うと、テクスチャーのやわらかいクリームになって、
相当の乾燥肌だと重いテクスチャーのクリームになるわけです。

どうしてフランス女性は保湿に化粧水を使わないの~?
と、来た当時は探し回ってあちこち足を運びましたが、そういう発想がないんだということで納得せざるを得ませんでした。
ファーマシーで売られている、ミネラルウォーターから作られている拭き取り化粧水は、拭き取った後の保湿作用もあるということのようです。(日本人的には、この乾燥したフランスで、全然足りない!という感じなのですが)

それが先日、新聞とセットになって配られている無料雑誌をめくっていたら、
「保湿ローション10選」
という、魅惑的な記事が目に留まりました。

「私たちが普段メイク落としの仕上げに使っているトニックローションと違って、
これらは朝晩洗顔した後のきれいな肌につける本物のスキンケア。
数年前から韓国に登場しました。
ライトな感覚で保湿をするのにピッタリです。」

 韓国って?数年前って?ライターさん、どういうことでしょう

・・・と思って、「日本でももっと昔から使っているんですけど!」 と思わずページにツッコミました(笑)

これからは、フランスでもアジアに倣って保湿化粧水ブームが来るのかもしれませんね。
お探しの方に参考になるかもしれませんので、写真を載せておきます。



関連記事

1 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。