ヴィシーの桜とヴィシーセレスタン - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

ヴィシーの桜とヴィシーセレスタン

  • 2017.03.20
ヴィシーという町を通りました。 家から車で1時間20分ぐらいの所。

ナポレオン三世が美しくしたというこの町、湯治の町として栄え、今でも多くの名残を留めています。

ここのミネラルウォーターで作られた飴は有名ですが、日本の駅のキヨスクでも売られているそうですね。


この町にはロワール川の支流のアリエ川が流れていて、それに添って、緑豊かな公園と遊歩道がずっと続いています。

そこを歩くのが、本当に気持ち良いの!



天気が良くなると、あっという間に川沿いのカフェは人でいっぱい。

公園には、犬を散歩させている人、自転車に乗っている人、ペタンクをしている人、家族連れ、恋人同士、友達、おひとりさま・・・
水と緑の贅沢なスペースで、リフレッシュのひと時。。。



アールヌーボーとアールデコの建築も、町のあちこちに見られて、それも散策の楽しみの1つ。




春も来ていました。

後ろに写っている白い建物は、微炭酸のミネラルウォーター、ヴィシーセレスタンの源泉ホール。

と言っても、何度も目の前を通っていながら、今まで全然知りませんでした。
去年の夏日本から帰ってきて、新しい目でフランスを見て思ったのは、
「フランスにはせっかく様々な効能のあるミネラルウォーターがあるんだから、もっと飲んで楽しもう
 ということでした。
普段紅茶とハーブティとお酒以外の水分はあまり摂らないので、数あるミネラルウォーターにも興味がなかったのです。
特に、地元源泉の水に注目してみると、それだけでもいろいろあります。
おかげで、いい発見がありました。

ヴィシーセレスタンは、胃痛、胃もたれがする時に飲むと鎮静してくれます。本当に効き目があってびっくり。
ありがたい水になりました。




以上、少しだけ、癒しのヴィシーを感じていただけたでしょうか。

関連記事

4 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。