成人式 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

成人式

  • 2017.01.10
昨日は日本の成人の日でしたね。
友人から送られてきた、成人した艶やかな和服姿の娘さんの写真を見たら、ものすごく感動してしまい、じーんと泣けてきた私です。
立派に成長したし、立派に育てました。
日本の未来、日本の宝、それを私の友人が育て上げたんだな、と思ったら、また感慨もひとしおでした。

フランスの成人は18歳ですが、成人式という公式のものはないので、まったくあっさりしたものです。
幼稚園から大学までの、入学式や卒業式、もちろんその後の入社式なんてのもない国ですから、
慣れているっちゃー慣れているんですが、
(一生「式」というものを知らずに育つのって、どうなのよ?なんだか寂しくない?)
果ては、(どういう精神構造になるのよ?)
と、
「式」で育った私は胸のどこかで感じたりもします。

トトが18歳になった時は、その年、地方選挙に初投票する息子を見て、(投票場についていって見届けた親バカです
あぁ成人したんだ~
とやっと感慨を深くした私でした。

関連記事

0 comments

非公開コメント