自信がなくても、前進できるとき - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

自信がなくても、前進できるとき

  • 2016.01.24
去年は私にとって、とても良い一年でした。
仕事の面でもプライベートの面でも、不思議になってしまうほど、良い出会いに恵まれました。
自分が動いてどういうということより(もちろん、自分も動いているのですが、それ以上に)
自分ではコントロール出来ない暖かい流れ、が
取り巻いてくれているのを感じました。
そういう「運気」という大きなエネルギーって、やっぱりあるんだなぁ
と、しみじみ感じさせられた年でした。

本当は、臆病でなかなか勇気を出せないことが多い私なので、
「そんなことまで?!」と他人から見たら思うようなことまで、いろいろと尻込みしてしまうことが、とっても多いのです。
心の中では、常に、毎日、毎分といってもいいくらい、臆病さと闘っている  自分がいるのですが・・・
去年は年の途中から、不思議な暖かい流れを感じていたので、
新しいことにも
「これもきっと、私に恵んで下さった良い出会いに違いない
と自信を持って、エィッと踏み出すことが出来ました。

自分に対する自信からじゃなくて、感じていた運気に対する信頼からです
そして、エィッと踏み出して良かったことばかりでした。

自信というのは、もともとの性質で、多く持っている人とあまり持っていない人がいるものだと思います。
自信のある人というのは、根拠がなくても自信を持っているようなんです(笑)。
最初から自信があるので、
1つ成功するとさらに自信がつきますが、それはもともとあった自信なんですね。
失敗しても自己否定にまでは到らない。

自信がない人というのは、もともとの自信がないので、
1回ぐらい成功しても、「単なるまぐれだった」とか、「いやいやまだまだ・・・」と思って
そう簡単に自信に結びつかない。
失敗でもしようものなら、ほらやっぱり・・・って100km後方彼方に後ずさりしてしまう。

だから、自信のない人は自信のある人に比べて、何倍もの成功経験値を持たないと
自信の根拠に結びつきません。自信のある人にとって、根拠は必要ないんですけどね(笑)。
と言っても、自信のある人は自信があるから怖れずトライすることも出来るけど、
自信のない人は、トライする勇気が持てない。だから経験値も増えない・・・と悪循環になりがち。

そんな時、自分自身には自信が持てなくても、前進できる方法があります。
人を信頼する、別の現象や物事を信頼する、ことで、前に進めるんです。
運気を信じたと同様に・・・

「君には適性がある」と言ってくれた人、その人を信頼できるから、やってみる。
自分に対して意見してくれた人、その人を信頼できるから、挑戦してみる。
その人の才能を信じるから、応援するためにやってみる。

そうやって、私は前に進めてきたように思います。
不思議なことに、そうするときに、間違いはないようです。

何かに対する信頼が、エンジンを動かすオイルのようなもの。
信頼できる、素晴らしいと思える人たちと出会えたから、
そういう人たちに引っ張られて、臆病な私がここまで来れたなぁ。。。
と心から思います。
そうだ、人を信じる才能には自信があります(笑)。

このブログの左側に出てくる名言の中で、
ハッとして支えられる言葉の1つ。

神様は私たちに
成功してほしいなんて
思っていません。
ただ、挑戦することを
望んでいるだけよ。

(by マザー・テレサ)

マザー・テレサを信じて、やってみましょう。(自分にも言ってます)

関連記事

0 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。