アメリカンファミリーの謎、その後 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

アメリカンファミリーの謎、その後

  • 2016.01.05
アメリカンファミリーの謎

現地の留学担当の人はもう40年間もボランティアでこの活動を行っている方だそうですが、ナナに

「あんな家族だと思わなかった。本当にがっかりしている。こういう家族だと知っていたら、ホストファミリーにしなかった。
彼らの息子は留学先でとても良い待遇を受けているのは良かったけれど、君も同じくらい良い待遇を受けて楽しく暮らしてほしい。
君がもっと幸せな留学生活を送れるよう、一刻も早く移れるように、全力で次のファミリーを探しているから。
同じような状況に二度と陥らないよう、もっと良いファミリーを見つけるからね。本当にごめんね。それまでわが家にいていいよ。」

と、突然言ってくれたのだそうです。

わたし、一言も誰にも何も言ってないのに。どうしてわかったんだろう?」 とナナ。

晩ご飯が出ないだけじゃなく、他にも、アレ?なんか?そう来る?変ね?・・・
と思うことがちょこちょこあって、
私はいつでもスカイプのこちら側でスタンバイ状態だったのですが・・・

本当にどうしてわかったんでしょう!!ものすごく不思議なのですが、
守護天使のような方がいてくれたものです!!!!!

・・・って、あなたも、一言も誰にも何も言わないって、どういうことよ!
ちゃんとあなたの事実を伝えなさいって言ったでしょ!

と思わず声に力がこもると、

・・・だって、完璧な家庭なんてないだろうと・・・3つのうち良い家庭もあれば良くない家庭もあると聞いていたから、辛抱しなくちゃと・・・悪くは言いたくないし・・・ホストママはすごいカリスマだから他の人に信じてもらえそうにないし・・・



確かに1年担当のホストファミリーだったらとっくに変えてもらうよう早々にお願いしていたと思いますが、3~4カ月毎に変わる予定なので、どんな家庭であっても勉強の1つ・・・とは思っていました。

でも、現地に着いてからずっと超低空飛行のナナの状況を、優しいあしながおじさんのようなその方は、
どんな魔法か超能力を使ったのか?わかってくれたのです。

感謝の気持ちと、安心で、心が暖かいものでいっぱいです


そして、今のホストファミリーがあまりに謎なので、その謎を4カ月の間に解いてね!と前からナナに言ってあったのですが。。。
彼女には解けなかったのですが、なんとあしながおじさんが1つ解いてくれたのです。
驚愕の事実が明らかに(ワイドショーみたいですみませんが、他に言葉が浮かびません)なりました。。。 
推理小説で思いもよらなかった人が犯人だったような衝撃が、ぐるぐるとまだ頭の中を走っていて、最初のページから読み直すように、到着してから今までのことを遡って見直しています。(それによってさらに謎が深まった感じなのですが

どんな事実かはここでは書けませんが、事実は小説より奇なり、をホストチャイルドとして経験させてもらったのですから、
やはり貴重な経験だったと、ナナも後になって思うのではないかしら。

以前うちに来ていた留学生フィリップの時も、変ね?変ね?・・・と思うことが後を絶たず
段々後半になって、謎が解けてきたものでしたが(この時も衝撃の事実でした)、
やはり、矛盾があって変だなと感じるときは、背景にそれなりの理由が潜んでいるものですね。
変だ、と感じたことが合っていた、ということが確認できるだけで、
随分気持ちが楽になるものです。


とにかく、次は良きアメリカンファミリーと出会えますように!
関連記事

4 comments

非公開コメント