かわいい子の旅はつらいよ - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

かわいい子の旅はつらいよ

  • 2015.11.09
ナナのことを気にかけて下さって、ありがとうございます。
その後、なかなか更新することができず、ご心配下さった方にご報告が遅れて申し訳ありませんでした。
状況は 一進一退 という感じで、どう書いたら良いのやらどうにも形が見えなかった為なのですが、
新生活が始まって2か月半が過ぎ、ようやっと山を乗り越えた感がします。

先月の誕生日当日に、晩ご飯が出ました!!
でもその晩ご飯のピザを食べて食当たりになり一週間も腹痛と吐き気に苦しんだ・・・という
(しかもそうなったのはナナだけで家族は何ともなかったという)
もうここまで来ると、泣くに泣けず笑ってしまうくらい、極めつけアメリカ食運のなさ

ナナが苦しみながら、
「胃にやさしいお粥と、ハーブティが飲みたい!」
とつくづく思っている時、
ホストマザーが
スプライトを飲んでクラッカーを食べると元気になるわよ。」
と言った時、ナナも、あまりの食文化の違いに思わず大笑いしてしまったそうです。

「頭ではね、大丈夫、ってわかってるの。
スカイプで家族とも友だちとも話すことが出来るし、
この留学をちゃんとやり遂げられる、って理解しているの。
でも、胃袋だけは、私の体を抜け出して
歩いてでも家に帰りたがっているみたい。

と言っていました。

ピザのせいだけでなく、現地に着いてから今まで普段食べなれないスナック類で空腹を満たしていたので、胃や腸がもう堪忍してくれ、と悲鳴をあげて食当たりのような症状になったに違いない、と本人の分析です。
一週間ほとんど食べられずにいたことで、かえって本来の胃腸を取り戻したような気がする、と言っていましたが、
体の浄化作用が働いたのかもしれません。
おかげさまで今はまた食べられるようになり、元気にしています。

そして、これを山場にして、彼女が性格的に驚くほど強くなったように感じます。
遠慮してノーと言えなかった沢山のことも、だいぶ言えるようになっているし、
よく言ったね、よくやったね!
と母としては感嘆することしきりです。

かわいい子に旅をさせるのは、なんとも辛い時もあるけど、みるみると逞しくなっている姿を見ると
胸を撫でおろすと同時に、子供から逆に勇気をもらいます。

関連記事

3 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。