ブリウッドのサンジュリアン教会 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

ブリウッドのサンジュリアン教会

  • 2015.09.06
ブリウッド(Brioude)という所にある、ロマネスク教会を見学してきました。

サンジュリアン教会(Basilique Saint-Julien)
キリスト教徒であるために殉教し聖人となった聖ジュリアンのために建てられたもの。
生前には病気や怪我を治し、数々の奇跡を起こしたそうで、病気回復、健康祈願のために訪れる人も多いそうです。



brioude2.jpg


入り口のドアの右上にある赤いところは、本来張られていた革の名残り。
古代巡礼者たちが、お守りのためにはがして持って行ったらしいです。




右側のドアノブは、獅子の顔。
生まれた時、母獅子が子供に息を吹き込んで命を与える・・・ということから、蘇生、再生の意味。

左側は猿の顔で、人を欺く、という意味。
左右で、悪と善を意味するそうです。

brioude7.jpg


床の敷石は、ボルヴィックの黒い石がコンクリート地のように一面に敷き詰められていたのを、
数年前にはがしたところ、この小石のモザイクが発見されたそうです 
16世紀のものだそうです。




前の方に行くと、もっと小さな小石で出来たモザイクの敷石です。
これは、カロリング朝時代のものだそうですよ。
上の大きな石のモザイクは、このカロリング朝のものに似せて敷かれたようです。




上から見ると、モザイク模様がよく見えますね。




ステンドグラスは、韓国人アーティストが、使徒ひとりひとりに捧げるイメージで作ったもの。
太陽の光が差し込む時間に合わせて、教会に美しい色をもたらせます。
現代的なモチーフなので、信者さんたちにも賛否あるようですが、素敵な試みだと思いました。



(ガイドさんの話の聞き覚えですが、記憶違いがあったらすみません。)


いい時間を過ごせました 

ルナリアさんの素敵なブログ、こちらも参考にどうぞ。



関連記事

0 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。