ピュイ・ド・ドーム山 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

ピュイ・ド・ドーム山

  • 2014.03.10
信じられないくらいの春爛漫の陽気です。
私自身もミツバチになったようにじっとしていられなくて、おにぎりと梅干グミと水を持って、いざ、ピュイ・ド・ドーム山へ!



標高1465mです。

『ミュルチエの道』(標高1078mのところから開始)を歩いて登ると、頂上までは私の足で45分でした。

上に行けば行くほどTシャツでも良いくらいの太陽の日差しでしたが、日陰にはまだ雪が残っている登山道でした。





私はミツバチ・・・という気分でしたが、山を歩き始めたら、すぐに自分の肉体はカメであることに気がつきました
最初の10分は夫も一緒でしたが、とっとと置いていかれ、その後は頂上で再会するまで1人登山でした(笑)。でも家族連れやカップルや友人同士など、人の数は絶えません。

結構急な登り坂で、もうずっと運動不足が続いている私は、すでに2日前のことになるのに、今でもふくらはぎが痛いです


頂上でおにぎりを食べるっ! というのが、私のモチベーションでした(笑)!

あぁぁ~ この気持ちよさ!




「上からの眺め」は「下の眺め」と違うのを知っているから、「登る」ことがやめられません。

次は無理でも、何度か登っているうちに、絶対夫と同じペースで登ってみせるゾ~。

関連記事

4 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。