遅く受け取ったメッセージ (メキシコ君、いらっしゃい2) - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

遅く受け取ったメッセージ (メキシコ君、いらっしゃい2)

  • 2014.01.31
メキシコ君、いらっしゃい の続きです☆)

2泊3日は物足りないくらい(!?)何事もなく過ぎました。
私の本音を言えば、我が家のルールさえきちんと守ってくれれば、学校も違うし家も遠いのでなかなか会えない二人のために1週間ぐらい居てもらっても全然構わない、という気持ちだったのですが、夫の「正月ぐらいは家族でゆっくりしたいのでこれで帰ってもらってくれ」という希望もあり、当初に決めた期間を崩さない姿勢でいました。

前回、秋休みに初めて遊びに来た時も、「4~5日来たい」というのを、「初対面だからとりあえず今回は1泊2日で」と言い渡してあったのです。でも2日目の朝に、「もう一泊!」とお願いされて2泊にし、その晩タバコを吸っているのに怒った私を見て、さすがに翌日は「もう一泊・・・」とは言えなくなった様子で帰っていったのです。

ですので、「もう一泊!」と引き伸ばしてくるやり方を予想して、構えていた私。
でも帰宅当日、昼ごはんを食べた後も、何も言ってきません。
あら?おとなしく帰るつもりなのでしょうか。
ひょっとしたら、今回はこれで納得したのかな?

メキシコ君は少し遠くの田舎に住んでいるので、帰りのバスは朝夕1本づつしかないのです。
用事があって午後から出かける私は、午後2時にフィリップの部屋に行き、
「これから外出して帰りは遅くなるから、私が戻るころにはもう会えないでしょうから。」と別れの挨拶を切り出しました。

2人がこちらを見る目つきで、(あ、やっぱり、どうやったら今晩もここに泊まれるか、考えてるな~
とわかりましたが、そんな素振りは見せずに、
「今日でさようならね、気をつけて帰ってね。帰りのバスは夕方5時ごろよね?」
と2人にニッコリ笑って言いました。

「どうもありがとう!お世話になりました!はい、今時刻表を見ていたところです。」
とメキシコ君もニッコリ笑って言いました。

たぬきとキツネの化かしあいのシーンですね(笑)。

バイバイしながら、
(夕方家に戻ってきたら、「すみません、バスに乗り遅れました~」とでも言って、このまま2人で部屋にいそう・・・
と内心思いましたよ。

ところが、夕方、別件で携帯電話が鳴ったので取ると、他にも1件メッセージが入っているではありませんか。
メッセージの差出人は、フィリップ。

マム、あした、メキシコ たんじょうび、いっしょに過ごちたい、もう一泊ちたい、おねがい!

・・・・来た(笑)。

慌てて打ったのか、書き間違いがありますが、それが却って功を奏していて、気持ちは伝わってきました

いつ送ってきたのかしら?と受信時間を見ると、午後2時5分に送ってきていました。


・・・・・




バイバイした5分後じゃん! (笑)



私はガレージで車のエンジンをかけていたので、着信音が聞こえなかったのでしょう。

誕生日とは意表をつかれた出方でしたが、異国での誕生日に仲の良い友だちと過ごしたい気持ちはよくわかります。

でも時計を見ると、午後5時すぎ。帰りのバスが出る頃です。もう出てしまっているかも。間に合うか、間に合わないか・・・?

私は「いいよ」と、一言だけ返事を送りました。






すると、すぐに返事が来ました。







「メルシー!!きみは世界一だ!!(笑顔の顔文字)」

この言い方はメキシコ君が書いたのでしょう。なにが世界一なんだか(笑)。

家に戻ると、まだ2人は出かけたままいませんでした。
後で聞いたところによると、バスは5時15分発で、二人は私からの返事がないのでバス乗り場でバスを待っているところだったのだそうです。
ギリギリに到着した私の一言メッセージに、やったー!と飛び上がったそうです。

そして、夜、2人は町で買い込んだ大きな紙袋を両手にガシャガシャと下げて帰宅しました。相変わらずブランド品の買い物が好きな2人です。ところがその日は、そのままフィリップの部屋に直行すると、すぐにまたサロンに戻ってきました。紙袋の代わりに手にしていたものは・・・



そしてこれからが、メキシコ君、仰天の本領発揮なのでありました。。。

つづく・・・


(週明けにアップします!)
関連記事

6 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。