ユニクロのヒートテック - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

ユニクロのヒートテック

  • 2013.12.05
フィリップのことばかりで、すっかりトトのご報告を書きそびれていますが、スカイプという「どこでもドア」のおかげで、私たちもトトの様子を頻繁に知ることができています。
ホストファミリーと一緒にサンクスギヴィングデーを終え、ブラックフライデーというセールが始まると同時に、今月から2つめのホストファミリーに移りました。
1つめのファミリーとは天と地ほども違うところで、初日からスゴイことになっているようですが、何とか乗り越えているようです。
それについてはまたの機会に。

さて、冬にはマイナス40度にはなるというアメリカの寒い地方に行ったトトに、フランスのダマール社の下着(昔は故ダイアナ妃も愛用していると言われていました)を送ろうとしていたのですが、郵便局からの送料がやけに高くて、これならそっちで買ったほうがいいんじゃないの?ということになりました。
アメリカで買ったほうが、現地の気温に適したものが売っているでしょうし。
・・・と考えていて、見つけたのがコレ。



ユニクロ ヒートテック(アメリカ)

ユニクロ ヒートテック(日本語)

アメリカでのコメントが良かったので、安いし、なんと言っても、日本の最新テクノロジーだから、試してごらんと勧めてみました。

早速注文したのが届いて着てみたら、暑くて「牛のように大汗をかいた」そうです。(まだ11月で外がマイナス4度ぐらいの時でしたけど)

さすが、日本のテクノロジー!

今週はマイナス20度になるそうです。

遠くにいても、日本の肌着がトトを守ってくれている・・・と思うのはとても嬉しい気分です。
関連記事

2 comments

非公開コメント