初めての・・・ - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

初めての・・・

  • 2005.03.14
はじめてだったんです。




ほんとに初めてだったんです。





どう考えても初めてだったんです。






自分でも信じられないのですが、初めてだったんです。







一体、私の人生に何が起こったというのでしょう!








だから、見せつけてるとかワザとらしいとかバカバカしいとか、思わないで、愚かでかわいいヤツと思って許して下さい。
この写真を載せずにはいられない私を・・・・・。









だって、初めてだったんですもの・・・











花束をプレゼントしてくれるなんて!!

夜、玄関のドアを開けると、大きな花束を抱えた夫が立っていました。
そして耳を疑うようなセリフが聞こえてきました。
「シェリー、誕生日おめでとう!」





まるで絵に描いたようなフランス人。

シェリー、シェリー、シェリー・・・私の頭の中でこだましました。
(大根役者のように棒読みだったのも、花束のセンスがイマイチだったのも、許してあげる。誰にでも初回というものがあるのだから。。。)




違う人かと思いました・・・・・。あー、びっくりした。








「ボクがいつも花束をプレゼントするような男だったら、こんなに君は感動しないだろ。エヘン。」
と夫は自画自賛しておりました。



なにはともあれ、3週間留守にして本当に良かった。

(妻の皆さん、たまには長期家を空けましょう。きっと人生180度変わることがあります。←経験者は語る)



関連記事

2 comments

非公開コメント