夕暮れのピュイ・ド・ドーム山 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

夕暮れのピュイ・ド・ドーム山

  • 2012.04.05
夕暮れ時のピュイ・ド・ドーム山(Puy de Dôme)です。

ピュイ・ド・ドーム山はオーヴェルニュの守護山。

オーヴェルニュ地方の人は、この山が見えるところにいると気持ちが落ち着く・・・と言われています。
オーヴェルニュ人にとってこの山は、日本人にとっての富士山みたいなものですね。

私も、オーヴェルニュのどこにいても見えるこの山が、とっても好きです。



ミネラルウォーターのボルヴィック水のボトルラベルにある山、と言えばおわかりになる方も多いでしょうね。

紀元後1~2世紀のガロ・ロマンの時代に、商業と旅人の守り神マーキュリーを祀る神殿が建てられて以来、神聖な山として存在していたそうです。

数学者パスカルが1668年に義兄に頼んで、大気中にある圧力の存在を確認する実験を行ったのも、このピュイ・ド・ドーム山でのことでした。



美しい乳房、のようだなぁ、といつ見ても思います。

オーヴェルニュは火山地帯なので(休火山ですが)、ピュイ・ド・ドーム山と連なる、ピュイ山脈といわれる火山山脈のなだらかな眺めもまた風情があるものです。


均斉のとれた女性の裸体が横たわっている姿みたい・・・
と、いつもそのシルエットにほのかな官能すら感じながら、車を走らせています。(そんな私は変じゃないですよね?!)



(ビーナスの女神のようなおっぱい・・・←まだ言ってますが。)

(photos by 助手席のナナ)


ピュイ・ド・ドーム山の美しい写真が一杯な こちらも見てみて下さいね。


関連記事

6 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。