春の庭からミニ便り 2012 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

春の庭からミニ便り 2012

  • 2012.03.25
「そちらは、まだ雪が残っていますか?」
というコメントをいただいて、ハッと気がつきました。

まだ、春の訪れをご報告していなかったのですね。
ごめんなさい。

こちらは、日本より一足先に、突然暖かな陽気が訪れて、庭のチューリップがどんどん伸び出しました。
そして一番目のつぼみを今日(24日)咲かせたところです。



その向こうに少しだけ見えているのは、この庭でスノウドロップの後に春を告げてくれたプリムラ(primevère)。


芍薬も (牡丹ではなくて!)、ほら、ぐんぐんと土を割って伸びて来ています。



紅い鳥が舞っているようにも見えません?
とても力強い勢いです。


そしてこちらも2番目に咲いたばかりのミニチューリップ。高さ20センチほどのかわいらしい種類です。



モノトーンの季節の後、こんなにもいろいろな色が身の回りにあったことを思い出させてくれる、嬉しい彩りの春です。


※25日から夏時間になります
時計の針を1時間遅らせて、日本との時差は7時間になります。
今までと同じ時間に起きるためには、1時間早く起きなくてはなりません。
あ~朝がキツくなる~

関連記事

4 comments

非公開コメント