冬の乗馬 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

冬の乗馬

  • 2012.02.05
今日も外は氷点下8-9℃だったのですが、ナナはいつも通り、乗馬クラブに向かいます。
雨だろうと、凍っていようと、猛暑だろうと、馬好きに天気は関係なし。








ブルブルブル・・・見ている私は鼻からツララが垂れてきてしまうので、彼女が乗馬をしている間買い物に出かけました。


すると賞味期限が迫っているTOFUが半額になっているのを見つけて、3ユーロのところを1,5ユーロでゲット。
棚にあったお豆腐を全部買占めてきました。
日本製の絹ごし豆腐でなかなかおいしいの。
時々、贅沢気分で1個、2個と買っていましたが、この辺りでは誰も知らないのか買う人がいなかったみたいで、ついに在庫処分のようです。ラッキー!(だけどまた入荷してくれるかしら?)




ナナを迎えに行くと、19時では外は真っ暗になっており、気温はマイナス11度でした。
「馬の体から発せられる熱で、馬に乗っていると暑くて暑くてホッカホカ!」
と終わってから娘は言いました。

私は安く手に入った10個ものお豆腐がうれしくて、心がホッカホカ。

2人でホッカホカで帰ってきました。



追伸) 最近、私にしては珍しく更新頻度が多くなっております。
ちょっと、更新しすぎ?(笑)
いつまで続くかわかりませんが、勢いに乗っておりますので、しばらくこの感じでいければと思います。

いつも密かに拍手して下さる方、ランキングをクリックして下さる方、どうもありがとう

関連記事

10 comments

非公開コメント