ガレットとボンプオポム - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

ガレットとボンプオポム

  • 2012.01.24
1月の最初の日曜は、エピファニー(公現節)で恒例のガレットを食べる日でした。
本当は1月6日なのですが、祝日ではないので第一日曜に祝うことになったそうです。
東方の三博士がキリストの誕生を祝い、黄金、没薬、乳香を持って星に導かれて馬小屋にたどり着いた日が由来とされる、キリスト教の行事です。

ここ数年は日本でも紹介されているそうですから、今さら書くこともないかもしれませんが、この日食べるガレットをガレット・デ・ロワ(王様たちのガレット)と呼んでいます。
中にフェーブという陶器の小さな人形が入っています。これが入った一切れを食べた人が冠をかぶって「王様(ロワ)」となるわけですが、なぜ『東方の三博士』が由来なのに「王様たち(ロワ)」が出てくるのか?というと、フランス語ではこの三博士のことを ロワ・マージュ(Rois Mages)と言うのです。マージュは占星術師を意味する単語で、聖書のマタイによる福音書に記されている言葉ですが、マタイでは「王様」という身分についても、「三人」という人数についても一切書かれていないそうです。
それがいろいろな説から「王様」という言葉がくっつくようになり、贈り物の数から「三人」ということになり、王様の名前もガスパール、メルキオール、バルタザールという名がつけられたようです。それでガレットも紙で出来た王冠がセットで売られているわけです。

このガレット・デ・ロワはこの辺りではどこでもフランジパン(アーモンドクリームとカスタードクリームを混ぜたもの)の入った丸いパイです。
(この辺りでは、と書いたのは、地方によって中味が違うそうだからです)
これを温めて食べる人、冷たいまま食べる人、食べる温度の好みも人様々。

ナナはフランジパンが苦手なので、残念ながら食べることが出来ません。
この時期どこへ行ってもフランジパン一色になってしまっているのですが、そんな人のために気を利かせて、別のパイも作っているパン屋さんがありました。
写真の左に写っているのが、それ、ポンブ・オ・ポムです。



こちらに来たとき、日本では当たり前のように食べていたケーキ、チーズケーキやアップルパイがなくて寂しい思いをしていたら、ある日、友人の家に行くと出されたもの・・・
「これはオーベルニュの伝統ケーキ」
と言ってご馳走してもらったとたん、私は声をあげました。

「こ、こ、こ、これは、私が探していたアップルパイ!!」
誰に聞いてもわからないという答えが返ってきていたアップルパイ。
「アップルパイって何のことかわからないけど、これはポンプオポムよ。」
と友人が答えてくれました。
なんのことはない、国が違えば呼び方も違っただけだったのでした 
本来は、ここオーヴェルニュのポンプオポムは大きな長方形なのですが(オーブンのプレートいっぱいに作るため。これを切り売りしてくれます。)、写真のものはガレット・デ・ロワ風に大きな真ん丸で売られていたものです。

さて、右のガレットは以前住んでいた村の近くにある、とっても美味しいお菓子屋さんのものです。
8人分で19ユーロ。スーパーやパン屋さんで6~10ユーロで買えるのに比べると、ガレットにしては高い値段ですが、本格アーモンドの上品な味わい、パイ生地のデリケートな軽やかさ、甘すぎない甘みと、これを食べてしまったら他のガレットは食べなくてもいいくらいの完成度。

といっても、1月は1週間から2週間ぐらいほぼ毎日あちこちでガレット・デ・ロワを食べる日が続きますので、いろんなタイプを味見することになるのですが、なにしろ高カロリーなのでアブナイ、アブナイ。
クリスマスに始まってこのエピファニーまで、美味贅沢な週が続き、1月も第二週に入ると私の顔はとりわけこのガレットのように 真ん丸になっています。
鏡を見ても、端から見ても、ひと目で「ガレットを丸呑みした?」とも思えてしまう輪郭になっています

(それが、いつしか、2月になっても輪郭は戻らなくなり、一年中真ん丸に・・・・
今やこちらでは誰一人、昔の私が細面だったことを知る人はおりませんよ。)



特にコレクションはしていませんが、自分で焼いた時に中に入れると子供たちが喜ぶので幾つか取っておいたら、いつのまにかたまってきました。

大抵、陶器の人形と白いプラスチックのようなものと、1つのガレットに二種類入っています。
なので、王冠は二つ付いて来て、一人が当てた後もまだチャンスがあって食べる楽しみが続くようになっています。

☆ガレットとフェーブについて以前書いた記事があったなと久しぶりに見てみたら、ガレットは子供たちの頭よりデカイです(笑)
⇒ フェーブ

まだ食べていない方は、こちらで召し上がれ
お好きな一切れをクリックして、フェーブを当てて下さいね!
http://www.linternaute.com/cartes/envoi/527208/1071202504/417/trouve-la-feve.shtml



関連記事

4 comments

非公開コメント