キューピットの矢 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

キューピットの矢

  • 2012.01.23
数日前の朝、起きて一番に開けた窓から、キューピットの矢を見つけました。

わーと思わず感嘆の声をあげて見とれた後、あっカメラ!と気づいて探しに行って戻ってくる間に、
貫いていたはずの矢はわずかにそれてしまいました。

見ているうちにも、時間の経過とともに、矢はどんどんぼやけて、ふやけて、もっと弓からはずれていってしまいました。

最初に見たときの完璧なまでに貫通していた様、シャープな一直線の矢をお見せしたかったですが。。。
キューピットの矢は、時を逃しては得られないもの、その瞬間にしか存在しないもの、なのですね。


さぁこんなことで、朝の気分は一気にすがすがしいものになりました。



射られた矢が、どこかのハートに当たったかもしれませんね。
ひょっとしたら、あなたのハートに?



(なかなか更新出来ませんでしたが、元気にしております。
写真を幾枚かと、マドレーヌのレシピも、今月中にがんばって立て続けにアップしたいです。)


関連記事

0 comments

非公開コメント