サーカスを見に - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サーカスを見に

  • 2005.04.02
サーカスを見に行って来ました。
cirque1.jpg

大人も子供も楽しめる質の高いサーカスでした。
150周年記念の巡業だそうです。ヨーロッパの技がいっぱい。

cirque3.jpg

動物達の毛並みの立派なこと!
こんなに立派な動物を動物園でも見たことがありません。

上演は2時間。入場料は一人25ユーロ(約3700円)。私たちは割引券の13ユーロでしたが、正規の値段で家族6人(おじいちゃん、おばあちゃんも)で出かけるとちょっとした出費。
でもそれだけのエンターテイメントを見せてくれます。
会場は満員でした。

さてこれは何でしょう? cirque2as.jpg
クリックすると大きくなります。
バーバパパの名前でこちらの子供たちに親しまれている綿あめ、サーカスのテント内ではこんな風に袋に入れず、そのまま背の高い棒の枝に引っ掛けて、人ごみの中をふわふわさせて売り歩いているのです。
おおらかな・・・というか、大雑把な精神を感じさせる光景です(笑)。
(日本みたいに袋に入っているのをどこでも見たことがありませんが。)

バーバパパってこれ? そういえば似てる?

いえ正確に言うと「バーブ・ア・パパ」、パパのおヒゲってことなんです。
パパのおヒゲがこんなにやわらかくって甘かったら、どんなにいいでしょうね。
でもそうしたら子供たちにあっという間に食べられて、ヒゲを伸ばしている人はいなくなってしまうかもしれません。

関連記事

7 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。