父の日とポテトアート - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

父の日とポテトアート

  • 2011.06.22
この日曜日は父の日でした。
毎年、6月の第三日曜日がこちらの父の日です。これは日本と同じですね。

ポテトソテーを作ろうと思って母の日に見つけたトナカイ母子ですが、お父さんトナカイも出てきましたよ。



patate2.jpg



・・・・・ちょっとお疲れですね、お父さん。
角が重そう。
人間も、トナカイも、背負わなければいけないものが一杯ありますね。
がんばって下さい。

わが家では、トトはチョコ好きなパパのために、手作りの溶ろける洋梨チョコケーキ、ナナは感動の詩を作ってプレゼントしました。



他にも見つけた、じゃがいもアートです。
みなさんには何に見えますか?

patateart1.jpg


これ、凄いですよ。
怖いけど、感動です。
ジャガイモの中に小さなジャガイモがあり、そこからまた芽が出て別のジャガイモと繋がっているんです。
命を感じます。
私のつけたタイトルは・・・

『母体から生まれる赤ちゃん』

でしょうか。
でも、口にくわえているようにも見えます。
「食べてしまいたいほど、可愛い」
と言いますから、この感じもわかるんです。
畏怖を感じるほどの大いなる愛・・・(を感じるのは私だけ??)


patateart2.jpg


アフリカンなポティト♪
踊りたくなってきます。


patateart3.jpg


一つ角さんが、二つ角さんに想いを寄せています。
うまくいくでしょうか?



・・・・・と、見た目も楽しませてもらいましたが(って、こんなに芽が出るまで待たずに早く食べろ、という感じでしょうが、あっという間に芽が出てしまったんです)、味もおいしかった義父母が育てたポテトでした。
ごちそうさま

関連記事

8 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)