お味噌と放射能 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お味噌と放射能

  • 2011.05.02
miso.jpg

日本のお味噌が放射能物質を除去する効果で、第二次世界大戦の原爆被災から日本人を救った
というフランスの記事です。

「こちらのBIOショップ(オーガニックショップ)で販売されている味噌でも効果がある」と書いてありましたので、今回の原発事故に便乗したBIO店のでっちあげ広告記事なのでは・・・と疑ったのですが、日本のグーグルで「味噌+放射能」の検索をかけると、いろいろなサイトが出てきました。


原爆が落とされた当時の長崎で、爆心地に近いところにあった聖フランシスコ病院では、医師をはじめ従業員や患者さんたちには放射能による影響がほとんど出なかったそうで、その原因が味噌のジピコリン酸にあるということが1972年の研究で実証されたそうです。


⇒ 関連するページは検索で沢山出てきますが、その中でもこのページは「味噌がなぜ放射能に効果があるか」ということに至った経緯を簡潔にまとめてあり、わかりやすいです。

http://yaplog.jp/hitoshinyc/archive/629


⇒ 上のページにも出てきます、原爆の被災地となった当時の長崎の病院医長だった
秋月辰一郎さんのインタビューです。


⇒ 秋月辰一郎医師の著作
体質と食物


ただし、上記フランスの記事によると、味噌は味噌でも、人工的に発酵促進剤を入れた短期熟成の味噌ではだめで、自然発酵で長い時間をかけて熟成させた昔ながらの味噌だと効果があるのだそうですよ。


お味噌というと、私がこちらに来た頃はアジア食品店で手に入れるしかなかったのですが、今はオーガニックショップでもお味噌の棚があって、米味噌と麦味噌が売られています。この田舎にもオーガニックという世界を通して日本食材が浸透するようになったのは嬉しいことです。

関連記事

12 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。