今年の桜 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年の桜

  • 2011.04.12
新しく越してきた町を歩いていると、道沿いに桜が咲いていました。
なんという種類の桜でしょうか。
やわらかな八重の花びらが、どこまでもやさしく心を癒してくれます。




隣の木は、これは一本の木から、二種類の桜が咲いています。
どうしてこんなことになるのでしょう?



同じ幹から出ているので、不思議な共存です。

sakura 2011b



咲いていてくれて、ありがとう。

sakura 2011



『厳しい冬を乗り越えて毎年花を咲かせる桜のように、日本も、忍び耐えた後にまた新たな開花を迎えることでしょう。長い時間がかかるかもしれないけれど、春はきっと戻ってくる。おそらく、さらに輝きを増した、かつてないほどの素晴らしい春が。』


義母が送ってくれた言葉です。お気に入りのフランス人のブログから見つけたものだそうです。

そう、桜が日本人の心なら、こんなにもやさしいのも日本人の心。
こんなにも強いのも日本人の心。
巡り来る春に必ず咲くのも、桜のような日本なのです。


関連記事

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。