何を作っているところ? - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

何を作っているところ?

  • 2010.11.19
料理好きな隣人のモニカが、「私のおばあちゃん伝来の料理を教えてあげる。」と言ってくれたので、彼女のキッチンにお邪魔しました。

彼女のお母さんはスイス人、お父さんはイタリア人、彼女自身は生まれたのも育ったのもフランス。
ハーフのフランス人、ということになるのでしょうか。
でも、子供の頃一緒に住んでいた父方のイタリアのおばあちゃんとは性が合わず反発ばかりしていたせいか、イタリアはあまり好きではないのだそうです。保守的な考え方や大げさ過ぎる身振り、ママゴン的権威や女の子よりも男の子を優先して可愛がる躾など・・・イタリアに文句はないけれど、彼女にとってはイタリアとの唯一の接点であったおばあちゃんがイタリアを代表するイメージとして、あまりにも深く刻み込まれてしまったそうです。
それに対して、スイスの清潔で穏やかなカルチャーは昔からとてもしっくり来るそうで、今でもスイスの親戚とは仲が良いのですって。
これも、スイスの食べ物だそうです。


さて、彼女はこれを使って何を教えてくれたのでしょう?

knepfles.jpg



これは、何に使うもの?・・・

① 洋風大根おろし
② パスタ漉し
③ とろろおろし
④ フランクフルトソーセージ作り
⑤ ハイジのミルク飴作り
⑥ 自家製ホワイトチョコレート型

それとも他に何か・・・?

よろしかったら、また当ててみて下さいね!

答えは次回に






11月27日

さて答えを書く前に、モニカに教わって以来、初めてひとりで作ってみました。
教わってから実はもう2ヶ月ぐらい経っていたので、細かいところの記憶があやふやなことに作りながら気がつきました。もっと早くに復習したかったけれど、なかなかタイミングが合わず、ようやっとこの日作ったのです。
「上の道具はいつでも貸してあげるから作るときには言ってね」と快く言ってくれたけど、毎回借りるのも何なので他のものを代用して作ってみたら、もっと小さな形になって出来上がってきましたが、味はバッチリ。
半分彼女のところへ持っていって味見をしてもらうと、「ちゃんと教えた通りに出来てるヮ 」と合格点をもらえました。

そして、「実は私もさっきお宅に行ったんだけど留守のようだったから・・・あなたに渡したいものがあってね」といって出してきてくれたのが、なんと、この道具。
先週スイスに行ったので、おみやげに買って来てくれたのですって。
~感激~
しかも、私がこの料理を作って持ってきたのと同時で、二人で同じことを思ったのですから面白いですね。
これからも、家族の食事のために、大切に使っていきたいです。
さて、これで何を作ったかというと・・・・・


knepfles3.jpg


じゃじゃ~んと登場した、モニカのおしゃれなミキサー。
ここに小麦粉、卵、牛乳など入れて、ぐーるぐる。
1kgの小麦粉も、余裕で混ぜてしまう大きさとパワーです。







こんな風に、とろ~りとしたらOKよ、と高々と上げて見せてくれたところ。







そこで、上の道具の出番です。
四角い箱の中に生地を流し込んで、大根おろしのような板の上でスリスリと動かすと、生地が穴からポトポトと沸騰したお湯の中に落ちていくのです。







浮いてきた、浮いてきた。。。。。


もう何だか、お分かりになりますか?





このままでも食べられますが、フライパンでサッと焼くと、もっと美味しい。



モッチモチのスイスパスタ、クネップフル ですって。

手作りのパスタ、って初めて食べたのですが、本当においしくて、目からウロコ 
子供たちは、「買ったパスタって、実はおいしくなかったんだね!」とビックリしていました。
付け合せのお肉もソースもなんにもいらなくて、ただこれだけですっごく美味しい
パスタマシーンで美味しいパスタを作ってみたい・・・と思ったことも一時あり、マシーンを買おうと迷いましたが、作るには手間も時間もかかりそうで、結局私には向いてなさそうだ、と己を知った大人の判断(?)で無駄遣いを回避した私ですが、これなら手軽に手作りパスタが食べられます。

おばあちゃんのせいでイタリア嫌いになってしまったモニカだけど、「唯一わたしに流れているイタリアの血は、パスタ好き、ってことね。」と断言していました。
とにかく、パスタ類が大好きなそうで・・・・・
そう言いながら、それでもやっぱり、イタリアパスタではなくて、スイスパスタをせっせと作っている彼女に、思わず微笑んでしまったのでした。

※ちなみに、このパスタは、スイス・ドイツと隣接しているフランスのアルザス地方にもあるそうですよ。


↑と言われたら悲しいけど、「日本酒とお味噌も忘れないで。」と言ってしまうかも。

↑クリックすると、ここの文が変わりますョ♪
いつも読んで下さってありがとうございます!
関連記事

14 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。