アルプス便り2 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

アルプス便り2

  • 2010.09.09
Aiguille Rouge エギュイユ・ルージュという 標高3226m の山に登りました。
といっても、これは歩きではなく、ロープウエイにゆらゆらと連れて行ってもらったので、とても楽チンで楽しめました。楽な分、登った後の爽快感、身体も心も高揚して浄化される感じ、は残念ながらなかったですけれどね。

スキー場としても有名らしいのですが、ここを滑るなんて、高いところもスピードも苦手な私には清水の舞台から飛び降りるより恐ろしいことです。勇気のある方々がいるものだなぁ、と、スキーをなさる方は私にはつくづく別世界の惑星の方のように思えました

ai-rouge1.jpg

ai-rouge3.jpg

頂上から見た眺めです。
頂上にはまだ雪が残っていました。
正面にはモンブランの白い連なりが見渡せます。

ai-rouge2.jpg


反対側のすぐ真横には、前回ご紹介した山、モンプリMont Pourri 3779m ↓
富士山とほぼ同じ高さで、この数字になんとなく親近感を覚えた山

M-Pourri.jpg

の頂上が、同じ目線でそびえていました。

mtpourri.jpg

mtpourri2.jpg



Pourri というのは「腐った」という意味なのですが、どうしてこんなすばらしい山に似つかわしくない名前がついたのか?!
他にも「風化した」とか「じめじめして雨の多い」などの意味もあるので、それから来たのかしら・・・???
などと不思議に思っていましたが、山歩きのガイドさんの話では、「プリエ」prier(祈る)が変形して「プリ」になったのでは、とも言われているけれど、実際にはどうしてなのかわからないそうです。
迫力と年代の感じられる尖峰でした。


下山した後は、プールでリラックスして

vacances2010_20100909165435.jpg

おいしいものを食べて英気を養って

vacances2010a_20100909165435.jpg

>vacances2010b.jpg

↑息子トトが注文したフォアグラ。
奥の二切れがそれですが、「二切れ」と言うより「二塊り」と言う方が適しているようなすごい厚み!!
これでまだ「前菜」です。

今年も家族で楽しいバカンスを過ごせたことに、感謝

新学年もがんばりましょう。
関連記事

12 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)