日仏別、鼻のかみ方 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

日仏別、鼻のかみ方

  • 2010.03.25
花粉症で薬局に飛び込む前日のことです。

「失礼」と言って、ズルズルとした鼻をかむためにティッシュペーパーを探していたら、日本が大好きな高校生のサラちゃんが、ここぞとばかりに口を開きました。

あの、日本では、人前で鼻をかんじゃいけないって、本当ですか?

つかんだティッシュを鼻に持っていくのを思わず止めて、ハタ!と自分が日本人だったことを思い出しました(笑)。

「そうですね、人前ではかみませんね。」

サラちゃん、長いこと疑問を抱えていたようです。次の質問が間髪入れず続きました。

「では、人前で鼻水が出てきたら、どうするんですか?」

「それは・・・・・もし可能なら、席をはずしてトイレや人目につかないところまで行って、かみます。フランスのように、人前でハデな音を立てて、チーン!! (というより、こちらではブーン!!という音がするんだけど) などとかんだら、そこにいる人全員が思いきり引いてしまうでしょう。サラちゃん、かわいいフランス女性だななんて心をときめかせていた日本男性は、ビックリして幻滅してしまうに違いないわ。

「わかりました。日本に行ったら、人前でかまないようにします。聞いておいて良かった。」 うわさは本当だったと納得するサラちゃん。

「もしどうしても席をはずせないようなら・・・・・」
私はどのようにするべきか、具体的な日本的作法を教授するべく続けました。
「こうしてハンカチやティッシュを鼻に当てて・・・鼻水が垂れないように抑えるか・・・・・もしくは・・・すするの」

すする??

「そう、鼻水が出てこないように、けれども飲み込んでもしまわないように、鼻の付け根から穴の中だけに留めておくようにしながら、大きな音を立てないようにスルスルとすするの。(こうして説明すると、改めて、すごいテクニックです。)」







ぎええええええええええーーーーー!!汚いーーーー!!!
いやだーーーーー!!!!!

と、サラちゃんが叫びました(笑)。

そう、こちらでは、人前で鼻をかんでもいいんです。
それも思いっきり大きな音で、寝る子も目を覚ますくらいの爆音で、きれいな女性もかんでいます。(どうやったら、あんな音が出せるのか、とってもフシギなのですが。)
逆に、鼻水をすすっているのはバッチイものをキープしているということで、非衛生的なので、かまずにすすっていると不快感を与えることになるのですよ。

それからもうひとつ、大切なことも付け加えておきました。

「あ、そうだ、それから日本では絶対にしてはいけないこと。同じハンカチを何度も取り出してかまないこと。かむときは、使い捨てタイプのティッシュにして、毎回捨てること!」

ハンカチでかんで、ポケットに入れて、そのハンカチをまた取り出してかんで・・・、と一日中かんでから洗濯機で洗ってまた使う・・・というのが昔ながらの(?)こちらのやり方。
それをやっちゃぁおしまいよ。

最後にサラちゃんが言いました。
「でも、今時の若い子、わたしぐらいの人もそうやってるんですか?今は平気で人前でかむようになってるんじゃありませんか?」

うーん、どうでしょう?今の日本は、変わったのでしょうか?
若い人も、鼻水はかまずにすすっているんでしょうか。それとも、人前でかんでいるのでしょうか。
日本にお住まいの方、よろしかったら、サラちゃんのために教えて下さいませ 

tissu1.jpg

↑激安スーパー製品のティッシュを買ったら、薄すぎて3枚ぐらい使わないともたないし、そのくせ紙質は硬くて鼻の脇の皮膚がヒリヒリするし、大失敗


奥のティッシュケースカバーは、上海の友人がプレゼントしてくれたもの。
きれいで、シャレていて、とっても気に入っています。
こちらではケースカバーに対するこだわりがないらしく、見つけるのも大変な上に、見つかってもコレかいと首をかしげてしまう場合が多くて。
重宝しています、ありがとう!


3/29 追記
このブログを見た日本の友人が教えてくれたのですが、日本には「鼻セレブ」というティッシュペーパーがあるんだそうですね!さすが、ニッポン。ここまでティッシュにこだわる国ってないかもしれません。
私も「鼻セレブ」で鼻をかんでみたい~。


↑ごめんよ、夫。
クリックすると、ここの文が変わります♪
お楽しみの拍手クリックです。いつも読んでくださってありがとうございます!
関連記事

7 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)