花粉症に効くホメオパシー - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花粉症に効くホメオパシー

  • 2010.03.18
ここ3日ほど良い天気が続いて、気持ちが晴れ晴れ!
。。。ところが、いきなり花粉症が発症してしまいました。

こちらでは Le rhume des foins 干し草の風邪 と言うのですよ。

毎年2月ごろに私は花粉症になるのですが、去年はまったくならず、
今年も2月は無事に通過したので、しめしめ!と喜んでいたら・・・。

鼻水ズルズル、目チカチカ、上半身がモワーッと熱くなるようなイヤな感覚に襲われながら、薬局に飛び込みました。
「ほ・・・ほ・・・ほひくしゃのかじぇのくすりを・・・く・・・くじゃしゃい・・・」
と言うのが精一杯。

いつもは、ドクターから抗ヒスタミン剤をもらっていて、1錠寝る前に飲むだけでピタッ!と治まるくらいよく効くのですが、今回は干し草だけでなく、本家本元の風邪も同時にひいてしまったので、体にやさしいホメオパシーでとお願いしました。

それで紹介されたのがコレです。
花粉症用のホメオパシー。

kafunsyo.jpg


摂り方は、ホメオパシーに共通することですが、舌の下に入れて、自然に溶けるまでそのままにしておきます。
1時間おきに一錠摂るように言われました。(ただし一日の摂取量最大6粒まで。6歳以下のお子さんには飲ませられないと説明書にありました。)

このBOIRON社はホメオパシー専門で定評のあるラボラトリーです。

同じようなパッケージでいろいろな症状に向けたものが出ていますが、以前、母が不眠になったときに、このシリーズで『不安や過多の興奮状態で眠れない人用』のものを飲ませたら、睡眠薬と違って、自然に眠くなり、自然に目が覚めて朝の目覚めも心地良かった 、と大好評でした。

支払いを済ませている最中に、待ちきれずに一錠口に入れてしまいました。
花粉症にホメオパシーは弱すぎるんじゃないかしら?効くかしら?・・・と半信半疑だったのですが、薬局を出て次の店に着いたときには、もうすでに大分良くなっていました。
「ママ、ずっとラクになったでしょう。さっきまで赤かった目が、もう赤くないもの。」と娘ナナに言われて気がついたのです。あのムズムズするようなイヤな感覚も治まっていました。


わが家では、ホメオパシーで離せないのが、この2つ。

L52_20100318194840.jpg



風邪の症状の予防と治療。
慢性のど炎と言ってもいいくらい、月に1度はのどを痛くしてやがて発熱を引き起こしていた私ですが、これを知った2007年の春から、パッタリとなくなりました。
あいかわらず、喉は定期的に痛くなるのですが、ちょっとイガイガ?ちょっとカユイ?・・・と感じたら、すかさずこれを数滴のどに流し込みます。
これでもう、のどの痛みも消えてしまい、ひどくなることがなくなるのです。(ごく初期に飲むことが肝心!)
家族にも大重宝しています。
本当に感謝してもしきれないくらいの強い味方
でも、アルコールが入っていますので、小さなお子さんには向きません。
(本来は、水で薄めて飲むようにと説明書にはあるのですが、私は原液で飲んでしまっています。仰向けに数滴垂らして直接のどに触れるようにすると効果てきめんです♪)


もうひとつは、これ。

arnica.jpg


打ち身、こぶ、あざ、筋肉痛に。
これは5-6粒、舌の下に入れます。
子供たちが小さいときは、あちこちぶつけてくるのでもちろんのこと、こちらに来て一番最初にお世話になったホメオパシーです。
体中がミリミリしているときも飲んだりしますが、予防として、
草むしりや畑仕事、スポーツ、肉体労働の前に飲んでおくと、筋肉の疲労が軽減される、とファーマシーの人に教えてもらいました。 
ナナはポニークラブで落馬することがありますので、ナナだけでなく他のお友達も落馬することがありますし、そんなときも即座に飲ませられるように、私はいつもバックの中に常備しているホメオパシーです。



↑上の記事に書いてあります ^^;
クリックすると、ここの文が変わります♪
お馴染みとなりました拍手クリックです。いつも読んで下さってありがとう!
関連記事

12 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。