バレンタインにはフンを・・・?! - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

バレンタインにはフンを・・・?!

  • 2010.02.01
1月は時間が取れずなかなか更新できずに過ぎてしまいましたが、新年も2月に入り、みなさまお元気ですか?

さてこれは、毎年この時期にいただくものです。

パリの路上で有名な犬のフン、ではありませんよ




prunchoco3.jpg



これが本当においしい!!

チョコレートって、重たく感じられてそんなに沢山食べられないのですが、これだと止まらなくなってしまいます。

見た目は・・・最初は食べるのにチョッピリ勇気が要りますが 
これは、プルーンの中にトリュフチョコが入っている、お手製のチョコなのです。

プルーンのかすかな酸味が、チョコレートの重さをほどよくカットし、
トリュフのとろけるようなまろやかさと、プルーンのソフトでしなやかさな歯ざわりが
舌の上で一つになって、それはもう 絶妙なおいしさ

レシピを伺ったら、おばあさまからの秘伝、ということで誰にも話さないことにしているのだそうです。
秘密はあったほうが、より美味しいし、人にも求められるから、なのですって。

ガスコーニュ地方にはこういうお菓子があるそうですが、
この辺りのお菓子屋さんでは見たことがありません。

とても手間がかかりそうで、作るつもりはほとんどなし、というのが正直なところですが、
もしもういただけなくなったらもう食べられなくなる・・・という、不安な展開に備えて聞いておきたかったです(^^;)。

また来年もいただけますように(←ひたすら他力本願)


追記 2/9
もし万一いただけなくなっても・・・・・・また作れる人を見つけました
レシピと作り方♪
これでもう安心です(笑)。
あとは、このプルーンチョコが同じ味かどうか、味見するだけ!


また追記 3/8
コメントをいただいて、今になって気がついたのですが (こんなだから、レシピを読むのは苦手な私なのです
上記リンクのレシピには、アルコールが使われていますが、
私がいただいたプルーンチョコには、アルコールは入っていませんでした。
チョコは、トリュフで口の中に入れるととろけますが、プルーンの中に入っている時はきちんと固まっている状態です。
あとはお好みで作ってみて下さいね!


関連記事

20 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)