やる気がないときは - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

やる気がないときは

  • 2009.11.15
前回のワークショップの続きの話ですが、もうひとつ印象に残ったのは、「やるき」と「どうき」の話でした。
「やる気」と「モチベーション」の2つを多くの人は取り違えている、という話から始まりました。

「やる気」というのは、人間だれもが持っているもの。人間というものはそもそもやる気というものを本質的に持っているもの。やる気を持たずして生まれてくる人はひとりもいない。と講師は力説しました。

けれどそれと「モチベーション」というものはまた別。モチベーションは動機付け。「やる気」を引き出すのが「モチベーション」。
(以下、紛らわしくならないように「モチベーション」のことを「動機付け」と日本語で書くことにします。)
その時々に適した動機を見つけてやれば、必ずやる気は起こる。
やる気がないのは、この動機付けが間違っているか、見つからないか、だけなのですって。つまり、ヤルキがない、のは、ドウキがない。
だから「やる気がないやつだ」と部下や子供を叱りつけるのも、「だめだな~わたしって」と自己嫌悪に陥るのも間違い。

という話に、とっても納得できました。


講師は「やる気が出なくてだめなんです。」と弱気な発言をした参加者に、叱咤したといった方がいいかもしれません。「やる気がない人間だ、なんて言っちゃだめ。そんな人間はいないんだから。動機付けが見つからない、と言ってほしいわ。」と、その叱咤がとても暖かくて、印象に残ったのです。


自分を知った上で、その時その状況にあった動機付け(目標やごほうび、喜びとなるもの)を見つけることがポイントなのですね。  ・・・って、言うは易しですが。

ずっとやる気があったのに、突然なくなってしまったら、やはりそれも原因があることでしょう。今までの動機が効果を発揮しなくなったということですから、動機付けの見直しが必要ということですね。

部下や子供も同じこと。本人をよく観察して、やる気の機動力になっているものは何なのか、上手に引き出してやることが指導者の役割でしょう。

コミュニケーションにしても、動機付けにしても、まずは自分自身を知ることから。


<今回の話のポイントはここまで↑ですので以下は蛇足です。>

私の中でしっくり来る言葉を使って言い直すと、私たちはみんなやる気というを持っている。それにをつけるのは、動機というマッチなのです。それを阻むのは逆風

どんなにがんばってマッチを擦っても、逆風や湿気があれば取り除かなければなりません。
そして火をつけやすくするために、小さな木片新聞紙などを最初に燃やしますが、それがご褒美とか、より大きな目標の前に短いスタンスで遂げたい目標とか。
逆風じゃなくて、周りの反対とか応援とか、煽るもの)も必要です。
最終的に薪を燃やすのが目標ですが、それにまつわる作業はいろいろとあるわけですね。(家の暖炉があるので、私にはこういうイメージになりますが、 みなさんは馴染みのある他のものに置き換えてみて下さいね)



それで思い出したのは、私の車の免許取得の場合でした。
あの時、「免許は必要だ」「やる気にならなければ」ということは十分すぎるほど頭ではわかっていたのに、どうしてもやる気になれませんでした。それは、私の中に「恐怖」があったため、先に進みたくなかったのです。運転=事故=死という「恐怖」が、私のやる気を阻んでいたのですね。
「免許がなければ暮らしていけない。どうしても必要」という状況は、十分すぎるほどの動機付けになるはずのものでしたが、それだけではやる気に強力なブレーキをかけている「恐怖」をはずすことが出来ませんでした。まず第一に「恐怖」をはずすための動機付けが何より必要だったのです。


免許は必要、という「マッチ」がありながら、恐怖という「逆風」が強すぎて、やる気という薪に「火」をおこすことが出来ない状態だったのですね。それで、逆風を鎮めるための環境作りや、心構えが必要だったのです。
でも、そこに気がつくまでに随分と迂回もしたし、長い時間がかかりました。こうやって分析できるようになったのは、免許を取った後のことです。

このように、どうしてもそこに到達しなければならない、とわかっていて、やる気がでない場合は、それが本当に必要なことなのかを検討し、どうしても必要だとなったら、やる気を阻んでいるものは何なのかを考えてみるとよいのではないでしょうか。直接的な動機付けだけじゃなくて、間接的なこともすべて考えてみると良さそうです。

仕事でいえば、業績を上げなければならないとわかっていても、どうしてもヤルキになれない時は、業績アップそのものをドウキにしても効果がないということですから、ブレーキをかけているもの(例えば交渉が苦手とか、職場の人間とうまくいかないとか、マンネリとか・・・)を取り外せるようなドウキを探すとか、何か他のことでヤルキが出せるドウキを探して、その他のことをすることで業績につながるようにしていく、という風に。


また、大きなブレーキはないけれど、なんとなく億劫で面倒くさくてやる気になれないものには、「もらい火方式」があります。(←勝手に名づけた)
目当ての薪に直接火をつけるのではなく、別の薪に火をつけます。
その薪がぼうぼう燃えたら、本来火をつけたい薪に重ねて、一緒に燃やすのです。

卑近な例ですが、最近発見した、私のきらいな『アイロンかけ』促進方法。
こちらの家事はアイロンかけがかなり重要な位置を占めていて、あらゆるものにかけると言ってもよいくらい。義母なんて下着のパンツまできれいにするくらいですが、そこまでしないまでも下手なうえに好きでもない私がやると、大抵1回2-3時間はかかります。毎日少しづつかければそうはならないのでしょうけど、苦痛なのでつい溜めて溜めてためまくり、溜まるのでさらに苦痛になるという悪循環、家族が「もう着るものが一枚もな~い!」と根をあげ出すと半日かける覚悟でしぶしぶやるわけだったのですが。ついに私の心にも変化が
友人がせっせと貸してくれるDVDの映画を見る時間がないので、アイロンかけをしながら見ることにしたのが始まり。「DVDを観るのはアイロンをかけるとき。」そう決めたら、DVDを見るのが楽しくて、今ではDVDを見たさにアイロンをかけられる服を探してしまうくらいです (DVDに没頭しすぎて、服を焦がさないようにしなければならなくなりましたが。)

いかがです、「もらい火方式」の威力(笑)。

これを分析すると、私の中では「アイロンかけ=時間のムダ」という気持ちがどこかであったのです。
シワの一本や二本、いや、10本や20本・・・いや、シワくちゃだっていいじゃん!・・・という感じですね(笑)。
でも、世間がそうは問屋は卸さない。そんな時間があったら、他にもっと有意義なことをしたいけど、着ていく家族に恥ずかしい思いをさせないためにやらなければならない。なので、ぎりぎりまで溜めて一気にやる・・・・・という図式になっていました。
その「時間」を使って他に楽しいこと(しかも、時間がないために出来なかったこと)が同時に出来るなら、ムダではないと、自分自身で思えるわけです。

日本の巷では、おトイレ掃除をすると金運がアップする、なんてことも言われているようですが、それも、おトイレをきれいにしよう、というだけではヤルキが出ない人向けにヤルキを起こさせるための案なのではないかと思ってしまいます。

そういえば、「○○を買うともれなく△△がついてくる」というのもこの方法ですね。
私の場合、さしずめ 「アイロンかけをすると、もれなくDVDがついてくる」というわけです。
「な~んとなくやりたくないなぁ。。。」ぐらいの事だったら、この「もれなく」「もらい火」方法で片付けていけそうです。


まるでビリヤードみたいに、ひとつの玉を目的に入れるために、違う玉から動かしていく。心の中でも、そんなアプローチが必要なのですね。



さて、私には今また、どうしても大きく進めないでいることがあります。
自分の中にそれを阻んでいるものがあるのはわかっているのですが、うまく分析できないでいます。心の中で「逆風」がビュウンビュウン吹いて荒れまくっていて、身動きできません。逆風どころか、「水浸し」かもしれません。まずはこれを取り除かないと。

この春からずっと、一人心の中で、この水浸し逆風状態と格闘しているのですが、どうやったら的確な動機付けをして抜け出せるのか、まだ見つかっていません。どうやらこれが私の心理パターンのようです。やる気を阻むものは、物理的なものではなくて、自分で作った心理的壁や怖れだったりするのです。考えると、子供のころからこの格闘を定期的に繰り返してここまで来たように思います。

今回も発火点を見つけたいのですが、もうちょっと自分の奥深く入り込んで考えなければならないようです。そして、今までと同じようにまた一歩クリアできる日が来ると信じています。

皆さんのやる気を阻むものは大抵の場合、何ですか?
どうやってやる気にブレーキをかけているものを取り除きますか?

今回の記事は、もっと簡潔にまとめるつもりだったのですが、書きながらどんどん長くなってしまいました。わかりにくい内容になってしまったかもしれませんが、最後まで読んで下さってありがとうございました。

↑クリックすると、ここの文が変わります♪
お馴染みとなりました拍手クリックです。いつも読んでくれてありがとう!
関連記事

10 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)