森林浴は、みんなパッパカ走る - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

森林浴は、みんなパッパカ走る

  • 2009.10.27
急激な冷え込みの後、うれしいことに秋晴れが戻ってきました。
それっとばかり、お散歩に出かけました。

黄葉した森の中で、秋の光を感じるひととき。

しかし、散歩といっても、馬が三度の飯より好きな(こういう言い方、まだしますか?)娘ナナの散歩は、当然馬と一緒です。

お友達の馬に乗せてもらいました。

uma3.jpg



で、これも当然の結果として、馬に乗らない私は常に小走り状態です。
印象派風に仕上がっているのは、小走りだからです(笑)。
馬の速度に間に合わず、お尻ばかり撮っていました。


uma4.jpg



2時間ほどぐるぐる森の中を回りましたが、早足やギャロップも交えながら進む彼らに、置いてきぼりで迷子にならないよう、ついて行くのに精一杯。沢山落ちている栗を拾い上げている時間も、持参していったおやつを食べる時間もなく、のどが渇いても小走り状態のままで水を飲みました・・・が、とっても気持ち良かったです。

自然の中の散歩は気持ちの良いものですが、動物と一緒だと、言葉にならない優しい会話が加わって、さらに癒されます。


uma.jpg




お馬さん、ありがとう



以前、ナナに付き合って、馬に乗って山道を2時間散歩したことがあるのですが、
↑お馴染み拍手クリックです♪
拍手のお礼に、クリックするとここの文が変わりますョ。
関連記事

8 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)