薪運びが好きなわけ - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

薪運びが好きなわけ

  • 2009.10.23
暑くて半袖を着ていたと思ったら、いきなり氷点下です。

-4.jpg


車の窓ガラス。

あまりに急激だったので、トネリコの大木は、黄葉するのを待つことさえ許されず、まだ緑色だった元気な木の葉を広げた腕からハラハラと落としていました。木の葉は雪のように降り続け、一日ですっかり裸の木になってしまいました。

待ちに待っていた、私の愛情込めた枝豆も・・・・・・

-4b.jpg


ようやっと生り始めた房のなかで豆が大きくなるのを待たずに、凍ってしまいました。(号泣)

努力が実らないことって、あるのね・・・

来年はやはり、もっと早く、6月中に蒔きましょう。(反省)


これは先週のことで、今週は少しだけ暖かさを取り戻しましたが、もう暖房は離せません。
さぁ!薪の登場!

maki_20091023170948.jpg



薪は3度体を温める、と言われています。

一度目は、木を切るとき。

二度目は、木を運ぶとき。

三度目は・・・・・・

-4c.jpg


燃やすときです。

私はこの、薪を運ぶ作業が大好きです。
家事の中で、これが一番好きです(家事、と言えるのだろうか?!)。
ほんとに体がホッカホカ。
そして薪を運ぶという一見単純な作業の中に、木に触れるぬくもりと重み、数学的論理(大げさ?)がバランスよく混在していて、集中しているうちに頭の中がスッキリとしていくからです。

どうやったら崩れずに平らに積み見上げていけるかということを常に考えるのが、薪積み世界の立体幾何学です。

maki2.jpg


↑例えばこの隙間に、どんな形の薪を埋めようか、と考える・・・ 
切られた薪の形はそれぞれ違うので、ピタッとはまるものを見つけたときは、うれしい。


maki3.jpg


ふ~~っ、がんばりました~


木のぬくもりと重みを感じることで肉体的に生きている実感が湧き、自然を感じる心地よさがあり、幾何学的論理に集中することで他のことは忘れてしまい無我の境地になる・・・
まさに、体と心と頭の三位一体作業、これが薪運びなのです
熱く語ることで4度温まる?

皆さまにもお勧めですョ。
もちろん、最初は腱鞘炎や肩こり、腰痛になる可能性もありますが・・・そのうち鍛えられて、薪運びが止められない身体になること間違いなし!


↑お馴染み拍手クリックです♪
拍手のお礼に、クリックするとここの文が変わりますョ。
関連記事

11 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)