ココア - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

ココア

  • 2009.10.19
パリに行ってきました。
10㎡くらいの一角を歩いただけで、とんぼ帰りでしたが。(車で往復約10時間のとんぼ帰り・・・

paris.jpg


でも、やっぱりパリはいいわぁ。。。
エッフェル塔が見えると、気持ちが高揚します。




カフェで頼んだモノです。

chocolat.jpg



こちらのカフェではコーヒーが一番安く飲めますが、私はコーヒーは好きじゃないし、かと言ってカフェで飲む紅茶は、ただのティーバック。そんなものにコーヒーの2倍の値段を出して飲みたくもないし。

なので、路上を行き交う人間観察以外はカフェに入る喜びがない私ですが、
どうしても入らなければならないときは、なんとか飲めそうなジュースかショコラ(ココア)を頼むことにしています。

だけど、これがまた・・・
こちらのショコラって、想像を絶する甘さ
甘ったるくて舌が瞬間溶解してしまいそう。
しかも、こんなに激甘なのに、必ずシュガースティック付き。
誰がこの上砂糖を足すのでしょう???
甘みに関する彼らの味覚がいまひとつわかりません。
ひょっとして、シュガーじゃなくて、緩和するための、塩?!・・・と最初は思ってしまったくらい。                              


砂糖なしでお願いできますか?
と以前聞いたことがあります。
ジャン・ポール・ゴルチエにそっくりなギャルソンは、「ウイ!」と微笑を浮かべて承諾してくれ、安心して注文しました。

そして、いそいそと彼が持ってきてくれ、「砂糖なしのショコラでしたね?」と確認のフレーズとともに目の前に置かれたカップの中身を口に含むやいなや・・・・
あっま~い!!」 やっぱり卒倒しそう。
どこが「砂糖なし」なの?! 
・・・と言おうと思って、はたと気が付きました。

そう、カップ皿の上に、いつもはダメ押しでついてくるシュガースティック2本が、載っていませんでした・・・。

砂糖なし・・・・・・これのことだったのね・・・・・

ショコラの中にはすでに砂糖が入ってしまっているのですね。


でも今回飲んだショコラはちゃんと、ホットミルクと、溶かしたブラックチョコレートと、シュガーが別々にやって来ました。
満足の味でした。


↑お馴染み拍手クリックです♪
拍手のお礼に、クリックするとここの文が変わりますョ。9
関連記事

6 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)