朝、学校へ行く道 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝、学校へ行く道

  • 2009.10.01
今、フランス人の友人が出張で日本に行っているのですが、夜スカイプで話していたら、日本の学童が一人で登下校しているのに、驚いていました。地下鉄や電車で、ランドセルを背負った子供がひとりで乗り降りしている様子に目が釘付けになったようです。父親のひとりとして、とっても心配になってしまったと同時にカルチャーショックを受けたという話を聞いて、そういえば前の記事で書いた話に説明が足りなかったかもしれない、と私も思いつきました。

こちらの学校は、幼稚園から小学校卒業まで、保護者が学校の前まで送り迎えしなくてはならないのです。共働きの多いこちらでは、送り迎え時間のやりくりが夫婦の仕事のひとつでもあります。それもあって、始業時間は8時半から9時、下校時間は4時半ぐらい、と勤務時間に合わせた長い学業時間が幼稚園のうちから始まっています。
また、その時間にも間に合わない保護者のために、学校内に始業時間前と終業時間後にギャルドリー(託児所)が設置されています。

私の経験ですが、幼稚園も小学校も、親が直接学校に迎えに来る場合は、先生が親の顔の確認をしてからひとりひとり子供を校門から出すといったやり方でした。
親以外の者が迎えに行く場合、たとえば、ベビーシッターの人や、知り合い、祖父母や他の家族の者などが例外で迎えに行く場合は、あらかじめ先生に知らせておく必要がありました。
また、一年の初めには、親以外の誰かが迎えに行く場合の人物のリストと連絡先を、書類として提出します。

スクールバスに乗る場合は、帰宅の場合は、バス停で待っているものが親であるか、連絡のあった人物である場合のみ、子供たちをバスから降ろしてもらえます。
親が遅刻して遅れた場合、また連絡のなかった知らない者が迎えに来た場合は、バスから降ろさずにギャルドリーまで連れ戻し、親が来るまで待つ、というシステムにうちのほうではなっています。
つまり、学校の門までの送り迎えも、大切な親の役目なのですね。

中学に入ってからは1人で通学する者も増えますが、やはり、下校時間の少し前には、迎えに来た保護者の車で路上がラッシュしています。

かなり用心深いやり方ですが、物騒なニュースも多い中、当然のやり方とも思います。
これから考えると、1人で大人に混ざって通っている子供の姿は、かなり衝撃的に写るわけなのです。

・・・ということもあり、スクールバスが家の前まで来てくれなくなってしまった今秋、私もナナと一緒にてくてく歩いて車道まで出て、ナナがバスに乗り込むまで見届けているわけなのです。迎えに行くのも同じです。



今朝の風景。

asa1.jpg

うっすらと朝もやがかかっています。




asa2.jpg

夜の間に働いたのね。きれいな蜘蛛の巣。




asa3.jpg


朝露で白いたんぽぽ。


関連記事

12 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。