朝ごはんは何食べる? - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

朝ごはんは何食べる?

  • 2009.03.10
みなさん、朝食には何を召し上がっていますか?

フランスの一般的な朝食は、バゲットパンにバターやジャムを塗ったものと、コーヒー・・・・・だけ、という感じです。

カフェに入ると、これにオレンジジュースがついたり、ホテルのバイキング式朝食だと、卵やハム、ヨーグルトや果物がついたりしますが、それでもビジネスでいらした日本人の方はちょっと物足りないとおっしゃる方が多いですね。

ドイツやイギリスなど朝食をしっかり摂る習慣のある国からのお客様が多い場合は、そのときだけ朝からハムやソーセージなどを出す(フランスの)ホテルもあるようですよ。

そういえば、ドイツを回ってフランスに来た日本人で、出されたホテルの朝食を見て
「これで7、5ユーロ?!フランス、人を馬鹿にするにもほどがある!」 と顔を鬼のようにして怒った人がいましたっけ 。でもバカにしてるわけでもなんでもなくて、そういう朝食なんですね。もしこれから初めてフランス旅行をなさる方がいらっしゃいましたら、そういうわけですから、怒らないで下さいね

でも私は、フランスに住んで良かった!と思えることにひとつに、このフレンチブレックファーストの軽さがあるのです。
全く食べないとエンジンがかかりませんが、少しでも食べ過ぎると一日中調子が狂ってしまう私にとって、何を食べるかももちろんだけど、まず「朝食の量加減」がとっても大事。
フランスの人々の朝食の軽さは、私にはとってもマッチしていて、自然体でいられる心地よさです。
一緒に住む相棒が、朝からもりもり食べる人だったら、やはりお互いの一日のリズムというか、何かが違ってたかなと思うし。一日のスタートが同じって、いい感じです。

朝は手のひらに載るくらいのサイズのパンに、バターときな粉を塗ったものと、濃く入れたダージリンのミルクティ。何か足すとしたら、4clのフルーツジュースか、1/6にカットした梨。 これ以上食べられそうな食欲でも、ここでストップ。これがベストな量です。(誤解のないように言っておきますが、私は朝食以外は大食です!)

食べる内容は、ずっとこれで満足しているかというと、実は心のどこかで模索中です。もっとしっくり来るものがあるような気がするのですが、まだ見つかっていません。お粥もいいかな、と思うのですが、一日のスタートには美味しいダージリンが欠かせないので、お粥だとどうも合わなくなってしまうし。それで、これだ!という朝食に出会うまでは、この内容を続けることになりそうです。
なにか、もっと他にありそうなんだけどなぁ、身も心もピタッと来る朝食が! みなさんの朝食を参考にさせてもらいたいです。
(そういえば、祖母の朝食は、毎朝、おいしい緑茶と和菓子をひとくち、でした。これで健康で長生きしたのですよ。)


夫の朝食は、濃く入れたブラックコーヒーと、バゲットパンにバターをたっぷり塗ったトースト。ときどきバケットをやめて、シリアル+牛乳にもしているようです。
時間のあるときは、オレンジを2個絞ります。

娘ナナは、私と同じく、バゲットにきな粉バターを塗ったトースト。または時々コーンフレークと牛乳。それから果物1コ。

・・・で、この3人は問題ないのですが、困っていたのは息子トト。
朝食にはトーストは食べたくない、コーンフレークもあれこれ種類を変えてみたけど長続きしない、ご飯はもっての他、ときていて、なかなか食べたいものが見つかりませんでした。クロワッサンやチョコクロワッサン、りんごパイならよく食べるけど、毎朝菓子パンというのもどうかだし。でも食べないよりはいいので、手を変え品を変え、これはと思うものを毎朝食卓に出していました。それを、彼もまぁ義務感からなんとか口にしているという感じでいたのですが。

それが、1月にインフルエンザにかかって、高熱を出したときのこと。
熱でヒーフーいっているとき、何なら食べられる?と聞いてみたけど、本人もよくわからない様子。家から17-8キロ離れたところで、たまたま通りかかったパン屋さんで、珍しく食パンを見つけたので買ってきてあったその日、「クロックムッシュー作ってみようか」と提案したところ、あまり乗り気じゃなかったけど「食べてみる。」
それで、作ってみたら・・・・・・40℃の熱があるとも思えない様子でペロリと平らげました。
それからは、何食べる?と聞けば「クロックムッシュー~!」
インフルエンザが完治するまで、何個、いや何十個?のクロックムッシューを食べたことか!

そしてある朝、言いました。
「ぼく、朝、クロックムッシューだったら、食べたいよ。」
「ほんと!作るわよ!」

というわけで、以来、毎朝飽きずに、熱々のクロックムッシューを2個から3個食べて行きます。それに、レモンを絞って、はちみつを入れたホットレモンを一杯。なんだ、食べたいものなら、食欲があるんじゃない!
母親としては、バランスの取れた朝食メニューが決まってホッと胸をなでおろしています。(でも加工品であるハムを毎日食べさせていいのか、懸念は残りますが・・・。)


パンの外側に少しだけバターを塗って、中にcrème fraîche épaisse (硬いクリーム状の生クリーム)を塗り、ハムとグリュイエールチーズをはさんで、きつね色になるまで焼いて出来上がり。

croquem2.jpg


私は、これにトマトのスライスを加えたものか、ハムの代わりにスモークサーモンを入れたものが好きです。スモークサーモンだったらチーズは入れません。



そうそう、簡素なフランスの朝食をご紹介しましたが、ここオーヴェルニュでは、伝統的な朝ごはんといえば、トリップを食べたそうです!
これ、牛の胃の煮込み料理で、味付けは違いますが、日本のモツ煮込みのようなものです。
朝からモツ煮!!
やはり、農村地帯のオーヴェルニュ、野良仕事には腹ごしらえが必要ですものね。





おなじみとなりました(?)拍手クリックです。クリックするとここの文が変わります↓

関連記事

17 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)