今年のテーマは、木を切り、水を運ぶ、生きる筋トレ - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年のテーマは、木を切り、水を運ぶ、生きる筋トレ

  • 2009.01.24
太陰暦で祝われるチャイニーズ・イヤー、今年は26日(ヨーロッパ時間では25日)ですって。フランスでも、毎年この時期はあちこちでチャイニーズ・イヤーの特集が組まれます。
スーパーでも、ほら。

sushi.jpg



フランスでも大都市や大きな街のスーパーなら常時見かけるはずの「sushi」ですが、
この辺りの田舎ではまだまだ珍しい商品。うちの近所では一番大きなカルフールですら滅多にお目にかかりません。だから普段はとおーくのアジアマーケットに行かない限り手に入らないアジア食品も、この時期は近くのスーパーで手に入れられるチャンス。『アジア』の中には当然、日本も入っているので、田舎に住んでいる者としては重宝する時期です。といっても、こういうお寿司はご飯がバサバサしてるのに、やけに酢が多くて水っぽく、おいしくない上に9.90ユーロ(今1200円くらい?)は高いので買わないけど。でも、「良いお年をお迎え下さい」の一言がご愛嬌ですね。

アジアの中で唯一『旧正月』を祝わなくなった国ジャポンですが、やはり日本式お正月を味わえない海外の田舎で暮らしていると、十把ひとからげにされたアジア正月でもなんだか嬉しくて、私も入れて~という気持ちになります。


新年といえば、今年のテーマをまだ書いていませんでした!
旧暦(太陰暦)の新年は当然新月を意味していますが、新月は願い事をするにも良いそうですよ。潜在意識に働きかける力が強いのだそうです。
公の場で声明しておくのはよいアファメーションになる上に、年末になって読み返して「へぇ~今年のテーマはこれだったのか~」と忘れていたことを思い出させてくれますので(笑)、書いておかなくては。

今年も去年と同じく、「旬」という言葉を細胞のひとつひとつに染み込ませたいです。「旬に生きる」から一歩進んで「旬を上手に受け取る。」
毎年、毎月、毎日、毎分が、やってくる時間はすべてが、そこで出会うことも起こることも、すべてがチャンスは身に過ぎたことと拒むことなく、怖気づいて逃げることなく、考えすぎて逡巡することなく、ありがたく素直に、その時点での自分にふさわしいものだと受けとって、最善を尽くしたいです。(この部分の意味が今ひとつつかめない方、「チャンス」という言葉を「愛の告白」と置き換えてお読み下さい。笑)

また一見悪いことのように思える出来事も。だからその時に起こるべくして起こったことだと、これもありがたく、意味を消化しながら受け取りたいものです。

同時に、自分自身も「今現在が常に」なのだということも、肝に銘じておきたいです。

ちょっとわかりにくいですね。いいんです、これは自分のためのアファメーションなのですから、私さえわかってれば(笑)。
つまり、チャンスは大いなる存在からの愛の告白で、
一見悪いことに見える出来事は大いなる存在からの愛のご注意で、
自分自身は大いなる存在に生かされている、
という理解ですが、よろしいでしょうか(笑)。


去年からの引き続きのテーマに加えて、もうひとつの新しいテーマは
生きる筋肉トレーニング」!
どういうことかといいますと、
「地味で目立たない作業を淡々とこなす」ということです。
うぎゃー・・・これは苦手だぞ!!!
だから私にとっては大チャレンジテーマ(苦笑)

でも、裏舞台の準備なしに表舞台に立つことはできない、って、当たり前のことですが、最近ようやっと身体の感覚としてわかってきました。しかも、表舞台に立つのはほんの10分かもしれないけれど、裏舞台の準備は何日もかかったりします。この準備を手抜きしていては、表に立ったときも映えない。・・・って十分頭ではわかってるんですが、なかなか裏舞台が面倒くさくて(^_^ ;。

人生って地味で目立たない作業だらけ、毎日毎日の生活はひょっとしたら90パーセント以上はこれで出来ているのかもしれない。でもそれをこなしていくことが、「生きる筋力づくり」みたいなものかな、と思うこの頃です。

体の筋肉もいきなりバーベルなんて持ち上げられないけれど、毎日少しづつ鍛えると筋力がついてくるみたいに、「生きる筋力」も積み重ねなんだな~と思うようになりました。
孤独のところで書いたことともつながりますが、この「生きる筋力」が発達していると、孤独になったときにも強いかな、と。なにしろ人生の基礎工事みたいなものだから。
平々凡々な生活の日陰作業を、堅実に続けられる人、こういう人が一番生き上手なのではないかしら。

「悟りの前、木を切り、水を運んでいた。 悟った後、木を切り、水を運ぶ」という言葉の、
「木を切り、水を運ぶ」という作業にあたるもの。それを大切に行えるようにしたいです。

そういえば、薪ならいつも運んでますが、確かに肉体的に筋肉つきそうです(笑)。でもこれも、肉体だけじゃなくて、「生きる筋肉トレーニング」のひとつかもしれません。「生きる筋力」って、肉体のみではなく、精神のみでもなく、日常的な小さな作業を続けることによって、両者が一致してくること、という気がしています。

裏舞台をいつも一夜漬けで乗り越えてきた私としては、かなり苦手な分野ですが、
ポイントは「淡々と」「ほのかな快感」ですね。がんばらず、淡々と。その行為自体に、とびあがるほどの喜びも、投げ出したいほどの嫌気もなく、夜寝る前に歯を磨くように、習慣とほのかな快感を覚えるようになりたいです。(わーい、歯磨きだー!と胸を躍らせることもなければ(笑)、あーイヤイヤと歯磨き粉をぶちまけたくなるほどのことでもない。無意識に腕が歯ブラシをつかんでいる、そして磨いた後はサッパリ感、あの感覚です。あの感覚さえ、90パーセントの地味行為に見出せれば・・・こっちのもの・・・・・なのだが!)
そんな感じで、地道な作業をこつこつと積み上げることに悦びを見出したい今年です。


昨年は本当に充実した一年でした。
新しいタイプの人間関係が広がり、忙しく動き回れ、私は「ハンドルを自分で握る」ことを覚えました。ハンドルを握るのも自分、どこに行くかを決めるのも自分。助手席に誰かが乗ってきてあれこれ言ってきても、ハンドルを握っているのは当の自分なのです。これって、自己主張の強いフランスの人々の間で振り回されずに生きていくうえで、とっても大事なこと。それを体得できた一年だったと思います。


皆さんのテーマはどんなものですか。




↑拍手クリックになっていますので、びっくりしないでね。
クリックした後、文が変わります。
(何回クリックしても拍手は1回のみのカウントです。)
関連記事

8 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。