そろそろ限界 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そろそろ限界

  • 2005.05.17
もう2週間3週間以上になりますか。

poubelle.jpg


ゴミ収集のスト

街なかのゴミ箱は路上までゴミが溢れ返っているようですが、ここは小さな村。
みんな暗黙の了解で、村の美観に気を使いストが解除になるまで各家で出さないようにしていたのですが、そろそろシビレを切らしてきているようで、蓋が持ち上がってきました。

私もゴミを出さずに裏庭に保管しています。
大方の生ゴミはコンポストに入れているので腐る心配はあまりないのが幸いですが、それでも場所を取ってかさ張ってきています。スペースのない家やアパートでは置いておくにも置けないで困ることでしょう。
ストの原因は、新たに6週間に1度の土曜の回収を決めた会社側に抗議する社員側にあるようです。
6週間に1度なんだから多くはないのに、というのが日本人の私の最初のリアクション。土曜なんかに働きたいと誰が思うかい?と理解を示すのはフランス人の夫。

poubelle2.jpg

隣村のゴミ箱はすでに限界を超えてますね。


ところで今日はペンテコステ(復活祭から50日目)の月曜日。本来は祝日なのですが、おととしの猛暑で多くのお年寄りの被害者を出したのがきっかけで、新しい法が施行されることになりました。
祝日を返上して通常通り勤務すること、この日の収益はお年寄りと障害者にまわされるということです。つまりこの日は全勤労者ボランティア出血大サービスご奉仕、短く言えばタダ働き、長い目で言えば社会還元をすることが義務付けられたわけです。うるわしき隣人愛に基づいた発想。この法が施行される今日は記念すべき初めての日。

厳正な法を敬い、すみやかに職場に行き・・・・・
なんてことをするワケがありませんね、フランス人が。
お上はそうと決めても下々の民は納得していないよう。あちこちで反対のデモ。交通機関の多くもストップ。今朝のラジオによればフランス人の2人に1人は今日は仕事に行かない そうです。
学校も給食とスクールバスのストで、事実上閉鎖。
前途多難の新法です。


** 5/17 ゴミ収集のストは解除になりました。でも正常の軌道に戻るまで2週間はかかるそうです。ようやっとゴミが出せる!スッキリ!というのは、●秘が治った爽快感にも通じているでしょうか…?!(;-_-)
関連記事

7 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。