すずらん便り - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

すずらん便り

  • 2008.04.28
やっと、こうして外で日向ぼっこできるようになったねぇ、バンビ。
長い冬だったけど、草のにおい、待っててよかったなぁ。


ほんとねぇパンパン、風がそよそよして、耳もそよそよするわ。
あったかくって、いい気持ち。


ボクはひげも、そよそよしてきた。
だけど急にみんなタンクトップやノースリーブで歩いてるよ。
ボクたちだけみたいだ、こんな厚着してるの。。。


せっかちに脱ぐことなんてないわよ。ほら木陰はちょうどいいわ。


lapinpan.jpg

ようやっと春めいた暖かな陽気になったら、フランスのヒトビトはあっという間にノースリーブにサングラスの出で立ちになり、ミニうさぎたちは毛皮を脱ぐわけにもいかないけれど、庭で日向ぼっこ。(左がバンビで、右がパンパン。かなり貫禄がついてきましたが、一応ミニです(笑)。それぞれ1.5kg)
フランス人て、太陽が出ると、前日までセーターを着ていたって、即効で夏服になるんだけれど、その変わり身の速さといったら・・・・・たんすの中では一年中夏服がスタンバイしているんじゃないでしょうか。
気持ちの良い日和がようやっとやって来た・・・と思ったのもつかの間、

一転して


ザーザーザーザー・・・・・・


降り出したら止まらない。
天気予報によると、今週いっぱい降るそうな。
大切な人にスズランを贈り幸せを願うのは、5月1日。
あと3日間で、まだよちよち芽のスズランがぐんぐんと大きくなるように!
という天の配分、かしら。

もう9年も前に、家族の分だけ森に行って摘んで来たスズラン、4本が6本に、6本が12本に・・・と毎年増え続けて、今では庭でかわいらしい鈴を沢山鳴らしてくれています。
幸せが少しづつ、少しづつ、増えてきた、ね。

muguet.jpg



みなさまにも、おすそわけ♪です。


**追伸
その後、天気予報ははずれました(笑)。
またウサギたちは庭で日向ぼっこができるようになりました。

関連記事

10 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)