今年の卵(復活祭) - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年の卵(復活祭)

  • 2008.03.23
早く寝たわけでもないのに、暗闇の中でパッチリと目が覚めました。
窓から差し込む光を目を凝らして見ても、弱々しいうす青い光は、朝を告げていません。
しばらく様子を伺っていたけれどちっとも眠くないので、起き上がって隣の部屋に行き、時計を見ました。(目覚まし時計を隣の部屋に置いているのです・・・・・そうじゃないと、目覚ましが鳴った時に止めた後、誘惑にあっさりと負けてまた寝てしまう私なので。誘惑に打ち克つために、ベッドを否が応でも抜け出し、ずりずりと這って隣の部屋まで行って目覚ましを止めるわけです。)

午前4時でした。
いったいどうしたわけでこんなに快調に目が覚めたのか。
ちょうどトイレに起きた娘のナナと少し話をして、寝かしつけてから、夜中に洗っておいた洗濯物を干したり、火が消えていた暖炉に薪をくべたりしていました。

そのとき、
ハタ!
と思い出した!

そうだ、今日はイースターマンデー!
卵を撒かなきゃ!

卵型チョコを買っておいたのを、すっかり忘れて寝てしまっていました。
イースターには、野うさぎが卵を庭に撒くといういわれのもと、毎年撒き続けていて、ここ2,3年はもう野うさぎではなくだということが子供たちにすっかりバレてしまっていても、ふりをして夜中に撒いていたわけですが、うっかりしていました。
あぶない、あぶない、ふ~セーフ!
戸棚に隠してあったチョコレートを取り、外に出ると・・・・・

雪!

ずっと暖冬だったのに、春になって冬に逆戻り。
帽子をかぶって、オーバーを着て、ブーツを履いて、
裏庭の植え込みにばら撒いたり、木の枝にくくりつけたり。
撒き終わると、朝5時半になっていました。

それからメールを書いたりしているうちに、朝7時。
外が明るくなってきたので窓の外を見ると、雪はずっと降り続けていたのです。
さっきよりも積もっていて、もう一度見に行くと、卵はすっかり雪の中にうずもれていました。

paques2.jpg


さぁそろそろ子供たちが起きて来る時間です。

どこにチョコがあるでしょう?↓ 皆さんも見つけてみて下さい。(3個写っています♪)

paques1.jpg





見つからなかった方も楽しい春を ↓
関連記事

7 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。