マルディグラの朝 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マルディグラの朝

  • 2008.02.10
carnaval.jpg


なりきっている顔をお見せできないのが残念・・・。

先日はマルディ・グラという、カトリックのお祭り。
これから春の復活祭(イースター。キリストの復活を祝う祭)までの40日間、ストイックに過ごさなければならないため、その期間に突入する前に、思いっきり脂っこいもの美味しいものをたらふく食べだめしてしまおうという、いかにも人間欲に溢れた謝肉祭の名残惜しき最終日ですって。
この日はクレープを食べて、子供たちは仮装する習慣です。

朝、スクールバスの中は、変身した子供たちでいっぱい。
ちょっと写真を撮ってもいいかしら?と、運行スケジュールに遅れると申し訳ないのでバスの運転手さんにお願いすると、バスの中に鶴の一声が響きます :
「仮装した人は降りて~!」

ものの数秒で、ぞろぞろぞろと10人ばかりの子供たちがバスから降りてきて一列に並んで、ハイポーズ。(こういうとき、日ごろのテンデンばらばら振りはどこへやら、脱帽してしまうくらい素早い統制力を発揮するこちらの子供たち。)

忍者、おまわりさん、ピエロ、中世の召使い、バロック風お姫様、フラメンコダンサー、中国小姐、ピーターパン、カウボーイ・・・・・・
みんなこの格好で一日いつも通り授業を受けてくるんです。

きっとどの子もがんばったんだろうなぁ、とっても決まっていたもの。
うちのトトも気合を入れて、前日は夜中の12時まで準備してました。なんといっても、そこは相変わらず突如連絡が来るフランスの学校。たった2日前の夕方に連絡があって、仮装して来いというのだから、それから案を出して、衣装を探して、アクセサリーを揃えるのに何軒も店を走りまわって、大急ぎで準備。サイズが合わないので調整したりなんだりと、付け焼き刃なりにがんばって本格派仮装をねらいました。ふぅ。(せめて一週間前に連絡してよね。) 
慣れているのか、それともうちみたいに夜更かししたのか、はたまた臨機応変というのか、どの子も手抜かりのない仮装でした。

しかし、クラスの机に座った覆面忍者に、警察帽をかぶったおまわりさんに、カーラーのお姫様に、赤鼻ピエロに・・・私が先生だったら、黒板の前に立って見回しただけで吹き出して笑ってばかりの一日になりそうです。
ちなみに先生は仮装してこなかったそうです。ちょっとずるい。



仮装した子供たちに↓  (写真でよく見えなくってごめんなさい)
関連記事

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。