番犬の仕事(バカンスの写真4) - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

番犬の仕事(バカンスの写真4)

  • 2007.10.07
10月にもなって一体いつまでバカンスの話をしているのか・・・と言われてしまいそうですが、これもこの夏のピレネーでの話です。

オビスク峠という、1700メートルを少し越す頂に行った時のことです。

py14.jpg


(中央に画像を上下に分ける横線が入っていますが、これが車道です。)

快晴なので登ってみると、上からぼんわりと雲がかかり始めました。上に行けば行くほど、雲行きは怪しい。
あともうすこしで峠・・・という手前に来ていながら、濃霧が立ち込めて、すれ違う車さえ見えない状態です。しばらく待ってみましたが、雲はもっともっと下まで降りていった様子。
せっかく来たのに頂上からの眺めを楽しむことが出来ないのは残念でしたが、とりあえずお昼時でお腹も空いたことだし、近くに車を停めて、キャンプ料理を始めた私たちでした。

折りたたみテーブル出して、椅子出して、ガスコンロ出して・・・行過ぎる人たちからは霧で私たちの姿はあまりよく見えなかったでしょうけど、見えていたら、なんだか変な家族だったかもしれません(笑)。いや、見えないからこそ、おかしかったんですけど。

食べていると・・・カランコロン・・・・響く鈴の音・・・・・いくつもの鈴がせわしなく山の上のほうからこだましてきます。こ、これは・・・・と霧の向こうに目を凝らすと、現われたる白い姿。

py10.jpg


後ろに引き連れて来る来る来る~!なんと、雌羊たちの下山の時間だったのです。鈴は羊の首輪でした。そして私たちが休憩に選んだ場所は、間違いなく彼女らの決まった通り道のようでした。

あわてて下にあった食糧を上にあげ・・・雌羊たちに取り囲まれるのを覚悟で、そのままテーブルについていると・・・・・

py12.jpg



そんな不味そうなパスタなんか興味ないわといわんばかり、私たちの存在には目もくれずに草を食みながら、自分たちのペースを崩さずにゆっくりと降りていきます。

犬は全部で三匹。


py13.jpg



一体どのくらいの羊がいたのでしょうか。
犬たちは私たちの横に座ると、羊群が草を食べ終わるのをじっと静かに待っています。
トトとナナが犬を撫でてもおとなしく、昼食の残り物をあげるとよく食べ、なかなか人馴れしている様子でかわいいの。

そうこうしているうちに、ゆったりとしながらいつの間にか、ほとんどの羊たちが下方に移動し、二匹の犬もそれに付いて行ってしまいました。
ところが、一番人なつこかった一匹だけは私たちの側に寝そべったまま行こうともしないのです。
羊はもういませんでした。
残されたのは私たちとこの犬、そして靄。
「まぁこのコったら。。。もう仕事する気がなくなっちゃったのよ。私たちと一緒にいる方がいいんだわ。すっかり居心地が良くなって、このまま休憩するつもりなのね。」 くすくすっ・・・と笑ってしまいました。
それにしても、いいのかしら?いつまでたっても1人でずっとここにいるけれど・・・はぐれてしまうんじゃないかしら。

随分時間が経ったように思え、そう心配し始めたころ突如、スクッ!と起き上がると、クルリと方向を変え、二匹の犬と羊たちが降りていったのとは反対方向の、先ほど降りてきた山の上に向かって、一匹急ぎ足で戻って行ったのです。

消えていく後姿を見ながら、一瞬あっけに取られた後(仕事する気がないなんて笑ったので、気を悪くして行ってしまったのかしら?・・・とよぎり)、やっとわかりました。
それから4,5分ほどして、数匹の羊たちを引き連れて戻ってきたのです。そう、まだ上のほうに道草を食っている羊がいたのでした!
この一匹はそれを待っていたのでした。
あとの二匹は前進する羊を引き連れて先に進む、
彼は最後の最後まで迷子が出ないように見張りをする、それが役目だったのですね。
それにしても、上の方にまだ数匹の羊がいることをどうして知っていたのでしょう。数えていた?わけじゃないですね。かすかな鈴の音が彼の耳には聞こえていたのかしら?

戻ってきた彼は私たちに挨拶するわけでもなく、羊たちを少しだけ急かすようにスタスタと下に下りていきました。

怠けて私たちといる・・・なんて思ったのは、とんでもない間違いでした。
お見それしてごめんなさい。

結局、オビスク峠は拝めなかったものの、
おりこうで働き者の番犬に、感心することしきりの帰り道でした。

py11.jpg



ワンちゃんに↓
関連記事

8 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。