クリスマスの食事 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

  • --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリスマスの食事

  • 2006.12.28
いつも、テーブルセッティングを楽しんでしてくれている子供たちのおかげで、心地よいテーブルが出来上がりました。
お皿やグラスなどのセッティングはもちろんですが、誰がどこに座るか、ネームカードを書くのも、それを配置するのも、全部彼らの配慮にまかせます。
松の実とヒイラギのデコレーションも、ちりばめられたお星様も、彼らのかわいらしい工夫でした。気がついたら、こんなテーブルが出来上がっていて、さぁ、後は食べるだけ!
一年の締めくくり、家族親戚集まって、プレゼントを持ち寄って、美味しいものいっぱいお酒もいっぱいお腹いっぱい笑顔もいっぱい。

20061227152830.jpg



こういう賑やかな家族行事が大好きです。
みんなでテンションが高まって、女たちはわいのわいの言いながら食事の支度をして、男たちはワインの準備をしたり野菜を運んだり。その勢いのまま話をするのと食べるのとで口を動かすのが忙しく、あっという間に数時間が過ぎていきます。

私が育った家庭は、そういうものとはほとんど無縁でしたので、いつも言うに言われぬ寂しさを抱えていました。父は長期的な単身赴任で不在、母と二人の食卓は外食が中心でした。お正月も親戚や家族揃って過ごした記憶がありません。(忘れてるのかもしれませんが、そのくらい印象にないです。)
きょうだいがいたらなぁ、身近な親戚がいたらなぁ、と何度子供心に夢見たことでしょう。
それがこうして、こんな遠くまで来て思いがけず、望んでいた「家族」が出来たこと・・・そして手作りの食事を分かち合えること・・・子供たちにも大家族の雰囲気を体験させてあげられること・・・その幸せと感謝をしみじみとクリスマスの時期に感じます。
クリスマスはこちらの人にとっては、日本のお正月行事のように家庭行事ですから。
夫の親戚たちは、10年前初めて会ったときから気持ちが通じる暖かい人たちでしたが、それからも不思議なくらいちっとも変わらない家族です。
これからも全員が健康で、出来るだけ長く毎年この食事を続けることができますように。。。
それが私にとって最大のクリスマスプレゼント。


さて何を食べたかというと・・・

皆様、覚悟はよろしいですね(笑)。
注意:満腹の時には見ないで下さい。
目から来るコレステロール防止のため(?)、ごく一部のメインだけご紹介します。
この他、スモークサーモン、生ハム、付け合せの各種野菜、栗、チーズ盛り合わせ、なども胃に収まったことをご想像下さい。
尚、食事時間は各回4時間はかかります。
3日間、食べるために生きているようなものです(笑)。


一日目

20061228120426.jpg



前菜には太巻きを作りました。こちらの人は本当に太巻きが好き。いろんな機会にいろんな人に食べさせましたが、必ずリクエストをもらう人気者です。時々自分が、日本代表太巻きマシーンになった気持ちがします(笑)。でもこの太巻きを美味しいと言って食べてくれる人とは良い関係が築けることは経験済みです!

以前ひとりだけ、海苔が嫌いだと言って海苔をはがしながら食べた女性がいましたが、はがすのにとっても苦労していました(∩_∩;)。(もちろん彼女とはなぜか疎遠になりました。笑)

20061228122035.jpg



大叔母さんが用意した鳩肉。いい色に焼けているでしょう!
隣に座っていた叔母さんが、太巻きを11個も食べてしまった後でこのお肉と付け合せの野菜を食べながら、「これ以上食べたら死んじゃう!」と叫んだので、思わず笑ってしまいました。

二日目

20061228120446.jpg



テーブル中央にあるのは、フォアグラ。
フォアグラを切る役目はわたくし。
大叔母さん 「分厚くしっかり切ってね。」
義母 「あら、だめよ!薄ーく切って、フォークですくって食べるのがエレガントというものよ。」
大叔母さん 「だめだめ、ある程度厚くするものよ。」
義母 「分厚くしてパンに塗って食べるなんて、田舎者の食べ方なのよ!」
叔母さん「分厚い方が私は美味しいわ。。。」
大叔母さん「ほらね。」
義母「厚いのと薄いのじゃ味が雲泥の差よ。」
私「じゃ、二種類切りますから。薄いのはお義母さん用、他の方は分厚くしたのをお好きなように取って下さいね。」
男たち「分厚いのをくれー」
フォアグラ一枚切るのでも、それぞれの趣向がぶつかり合って、面白い瞬間です。

20061228120507.jpg



焼く前に義母が処理している姿。中から砂肝やレバーが出てきます。長い首(右上)も義父の好物。
焼いた後、写真に撮るのを忘れました。あんまり美味しくて(笑)。
叔父さんが持ってきた鵞鳥です。焼き方加減が成功したのと、そもそもの質が良かったのと、両者がかみ合ったのでしょうが、やわらかくて程よい脂身、口の中でとろけるようでした!

20061228122049.jpg



キノコ炒め。秋から大叔母さんが冷凍しておいてくれた、セップとオレイエット。オレイエットはセップよりも高級なのだそうですが、セップの方が歯ごたえがよくて私は好き。

3日目

20061228120520.jpg


もう3日目になると、胃が拡張しています。お腹は空いていないはずなのに、入ってしまう恐ろしさ。
テーブル中央、鴨肉のサラダ。

20061228132704.jpg




シャポン。食用として太らせた去勢鶏、と辞書に書いてありました。大きな鶏肉。確かに大きい。鶏よりふた周りくらい太いです。
大叔母さんが持ってきて、義母に焼く役目を任命しました。
大叔母さんはお目付け役です。

義母「(オーブンをのぞきながら)あぁしまった、焼きすぎたかも。。。」
私「シャポンを焼く責任は重大ね。」
義母「あぁこのプレッシャー!わかってくれる。」
大叔母さん「(やって来て)こんがり焼けてないわね。いつオーブンに入れたの?」
義母「これでもう、七度目に焼汁をかけてるところですよ。七度目。十分焼けてるはずよ。」
大叔母さん「色がまだまだねぇ。これじゃ食事に間に合わないんじゃないかい。シャポンは焼き加減が命よ。」
義母「貴女のかわいいシャポンなんですから、ご自分で面倒見て下さいよ。」
大叔母さん「それがシャポンは焼いたことがないのよ。」
二人で肩をすくめあう。
叔母&私(ノー天気仲間)「どんな風に焼けたって美味しいに決まってるわよ!」
大叔母さん「(焼きが命、という顔)」
早口で軽口を叩きあいながらの、漫才料理です。

3日間で食べたビュッシュ

(あと2本、撮り損ねました)
20061228120544.jpg


20061228120550.jpg


20061228120559.jpg


20061228120608.jpg



もう、甘いものとお肉は当分いりません。。。
しばらくはベジタリアンな日々を送ります。
でも、どれもこれも美味しかった!



関連記事

20 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。