2014年06月の記事 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

2014年06月の記事

パルピテーションの嵐

「花子とアン」の花子さんもパルピテーションの嵐のようですが、今、私の心もパルピテーションの・・・見ないようにしていたカレンダーも、見ないわけにはいかなくなってきました。今晩、サッカーW杯のメキシコ対オランダ戦を見ながらみんなで晩ご飯を食べていて、試合が逆転負けで終わってしまったとき、そのあっけなさと残念さの中、急に実感が襲ってきたのです。気がつけば・・・・・今週、メキシコ小鳥ちゃんが帰ってしまいま...

  • 2014.06.29

メキシコの黒豆

 普段はあまり行かないスーパーに寄ったとき、『メキシコ料理』の棚が結構広かったので目を通してみると、あらっ 、見覚えのあるマークが!これは確か、メキシコの青トウガラシの缶詰と同じメーカー。缶のイラストを見ると、黒々としていて、日本の黒豆みたいじゃないですか?フランスにもヒヨコ豆やレンズ豆や赤いえんどう豆、Bioショップでは小豆もありますが、黒豆はまったく見かけたことがありませんでしたから、なんだか...

  • 2014.06.24

アルゼンチンのマテ

前回のメキシコの青トウガラシを売っていたマルシェのスタンドの店主は、アルゼンチンの男性でした。メキシコやペルー、アルゼンチンなど中南米製品を売っているのでした。でも、彼が「僕はアルゼンチン人」だと言う前から会話をしていた小鳥ちゃんには、彼のスペイン語の発音を聞いてすぐにアルゼンチン人だとわかったそうです。アルゼンチンで話すスペイン語と、メキシコで話すスペイン語、スペインで話すスペイン語・・・同じヒ...

  • 2014.06.22

ハラペーニョとセビーチェ

メキシコ小鳥ちゃんとマルシェを散策していると、あるスタンドの前でピタッと足を止めると、「あぁ~っ!」と彼女が高い声を発しました。うれしそうな悲鳴に何かと思ったら、メキシコのトウガラシを見つけたんでした。私には何度か目の前を通っても素通りしていたスタンドでしたが、やっぱり自国の物はどんなに雑多な場所でも、素早くキャッチするんですね。私がアジアスタンドを嗅ぎ付けるのと一緒です。これは、ハラペーニョとい...

  • 2014.06.19

もうすぐトトが帰って来る

「もうすぐトトが帰って来る頃じゃない?」と聞かれることが多くなりました。そうやってトトのことを覚えていてくれて話題に出してくれるのは、とてもありがたく嬉しいです。そう・・・あと、2週間ほど・・・です!「うれしいでしょう!」とその後必ず言われるのですが、それが、私としてはもうちょっとフクザツな気持ちなのです。トトも最初ほんとうに大変だったけれど、この春からようやっとアメリカの高校生活を手放しで「謳歌...

  • 2014.06.18