2012年01月の記事 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

2012年01月の記事

スポンサーサイト

  • --.--.--

目に見えないけれど大切なもの

年末の空いた時間にふっと手にとって読んでみた本です。これを買ったときも、読んだときも、著者の渡辺和子さんという方がシスターだということしか知りませんでした。何かで紹介されているのを見て、アマゾンの中身チェックで目を通してみた最初のページには、こう書かれてありました。「修道者であっても、この世に生きている限り、煩わしいことに無縁であろうはずはなく、生身の人間である限り、傷つかないで生きていられるもの...

  • 2012.01.31

34年目のショートフィルム・フェスティバル、2012

今年もまた、クレルモン・フェラン市では国際ショートフィルムの季節になりました。34年目です。是非お出かけ下さい。毎年センスの良いアートなポスターも楽しみです。今年のポスターです。クリックすると大きくなりますのでご覧になってみて下さい↓国際ショートフィルム・フェスティバル(フランス語)国際ショートフィルム・フェスティバル (英語)...

  • 2012.01.30

昔なつかしマドレーヌ

お待たせしておりました、リクエストのあったマドレーヌのレシピです。これでタイムマシンに乗れる方、いらっしゃるでしょうか。(←「ワープの世界」より)乗れた方も、乗れなかった方も、ご感想お待ちしております12個分 準備10分 焼き時間18分材料全卵 大きめ2個卵白 1個分粉砂糖 120gバター 120g小麦粉 140gベーキングパウダー 小さじ1バニラ風味の砂糖 小さじ1/2 作り方オーブンを180度に...

  • 2012.01.25

ガレットとボンプオポム

1月の最初の日曜は、エピファニー(公現節)で恒例のガレットを食べる日でした。本当は1月6日なのですが、祝日ではないので第一日曜に祝うことになったそうです。東方の三博士がキリストの誕生を祝い、黄金、没薬、乳香を持って星に導かれて馬小屋にたどり着いた日が由来とされる、キリスト教の行事です。ここ数年は日本でも紹介されているそうですから、今さら書くこともないかもしれませんが、この日食べるガレットをガレット...

  • 2012.01.24

キューピットの矢

数日前の朝、起きて一番に開けた窓から、キューピットの矢を見つけました。わーと思わず感嘆の声をあげて見とれた後、あっカメラ!と気づいて探しに行って戻ってくる間に、貫いていたはずの矢はわずかにそれてしまいました。見ているうちにも、時間の経過とともに、矢はどんどんぼやけて、ふやけて、もっと弓からはずれていってしまいました。最初に見たときの完璧なまでに貫通していた様、シャープな一直線の矢をお見せしたかった...

  • 2012.01.23

待てない花

元旦は驚くほど暖かな日が差していて、まるで春が訪れたようでした。大きな窓を開け放って新年の空気を呼び入れて、なんて気持ちのよいこと。そして、ちょうど元旦を待っていたように、1つだけ咲かせてくれたこの花のかわいらしさが、暖かい日差しと風にそよいで、新年の喜ばしい兆しを知らせてくれているようです。この花はこちらでは「アンパシヤンス」と言うそうです。日本では、インパチェンス、かな?アンパシヤンス「impatie...

  • 2012.01.03

ワープの世界

12月に入ってから、2度、思いがけずタイムマシーンに乗る経験をしました。最初は、マドレーヌをひとくち食べた時でした。マドレーヌと言っても、市販のものはこちらに来てからも何度食べたか知れません。自分でもそれらしきものを何度か作りました。でもそのマドレーヌではありません。随分以前に型を買ったけれど一度も使ったことがないのをフト思い出して、初めて作ってみた・・・と言って義母が差し入れてくれたものでした。...

  • 2012.01.01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。