2011年04月の記事 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

2011年04月の記事

マイクロシーベルト、ビジュアル化

放射線量をビジュアル化したものだそうです。雨が降っているように見せてくれます。⇒ 関東各地の環境放射能水準の可視化これで見ると、今日現在では、関東の放射線量は世界平均の自然放射線量よりも少なく見えますね。見えないものなだけに、お化けのように想像力で怖さが膨らんでしまいますがこのグラフを信じてよいのなら、不必要にパニックに陥らずに過ごせる目安となってくれそうです。実際のところ、私もこれを見て少し安心...

  • 2011.04.29

天災は止められへん。けど・・・

⇒ 天災は止められへん。けど、原発は止められる  バリバリの大阪弁や。読み終わった後、こないな大阪弁がうつってしもたけど、大阪のおばちゃんたちの井戸端会議風やし、ごっつう参考になりました。...

  • 2011.04.27

フランスの太陽

oeufさんが立ち上げた「国境なき日本人の会」のホームページで「太陽を描いて送りましょう」という企画を知りました。木梨憲武さんのブログで提案されていたものです。(こちら 郵送締切りは4月30日まで)(「国境なき日本人の会」はどなたでも参加できますのでご興味のある方はホームページをご覧下さい)これなら私にもできるゾ、というわけで、思いついたのはトトとナナが通っていた小学校の先生に早速電話をするとでした。...

  • 2011.04.20

隠された被爆労働--日本の原発労働者 1,2,3

イギリスの公共テレビ局「チャンネル4」で1995年に放映されたもの。「このドキュメンタリーは、日本のプロダクションが制作したもので、そもそもはNHKで放送される予定だったものが上部からの圧力で放送差し止めとなり、イギリスのchannel4が買い取ったというような記憶があります・・・」というコメントがYou Tubeにありました。悲しく恐ろしい内容ですが、完成度が高く質の良いルポルタージュなので、どうにか冷静さを保っ...

  • 2011.04.19

イギリスでホームスティ

息子のトトが、一週間のホームステイのためにイギリスへ出発しました。中学校のプログラムで行われるもので、トトの学年(4年生=日本の中学3年生にあたりますが、小学校が日本より一年少ないので、日本でいうと中学2年の年齢)のうち2クラス60名が出発しました。ホームステイ先の家族の名前や住所は、なんと今日、生徒たちが大型バスに乗り込んでいる間に先生から渡されましたし この旅行の保護者たちへの説明会はたったの...

  • 2011.04.17

今年の桜

新しく越してきた町を歩いていると、道沿いに桜が咲いていました。なんという種類の桜でしょうか。やわらかな八重の花びらが、どこまでもやさしく心を癒してくれます。隣の木は、これは一本の木から、二種類の桜が咲いています。どうしてこんなことになるのでしょう?同じ幹から出ているので、不思議な共存です。咲いていてくれて、ありがとう。『厳しい冬を乗り越えて毎年花を咲かせる桜のように、日本も、忍び耐えた後にまた新た...

  • 2011.04.12

野菜や飲み物を安心して・・・

「東日本大震災、野菜や飲み物を安心感をもって食するために」今とても注目されている東京大学医学博士の講演だそうです。内容も興味深いことながら、まったく放射線を心配する必要はありません。人体への悪い影響はまったくありません。ずっと続いても放射線としてはまったく悪影響ありませんので、安心して下さい。野菜や飲み物への制限はまったくナンセンスで、農水産業の方がかわいそうでなりません。牛乳も農林水産物も魚も貝...

  • 2011.04.07

東日本大震災:被災地への義援金の主な受付窓口(毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110326mog00m040036000c.html被災地への義援金の主な受け付窓口は次の通り。 ◇毎日新聞社会事業団(http://www.mainichi.co.jp/shakaijigyo/) ・郵便振替00120・0・76498「東日本大震災救援金」 ・現金書留で東京都千代田区一ツ橋1の1の1、毎日新聞東京社会事業団「東日本大震災救援金」係 ・NTTスマートトレードの電子マネー「ちょコム」でも受け付け...

  • 2011.04.04

祈り

危険から私を守ってくださいと祈るのではありません。危険の中にあっても怖れることのないようにと祈るです。悲しみや心の痛みの最中にある私を慰めて下さいとは願っていません。悲しみから立ち上がる力を下さいとお願いしているのです。追いつめられた時にも崩れおれることのないように世間的な失敗、挫折を繰り返してもそれらが取り返しのつかないものだと考えることがないように助けて下さい。私を救いに来て下さいと祈っている...

  • 2011.04.03

お米粒と電気

ご飯粒は残さずに食べるように躾けられてきました。一粒、一粒を作る農家の方の苦労に感謝をして、残さず食べるのが人としての礼儀であり、食べ物を粗末にしてはいけないから。お茶碗にくっついてしまってお箸で取れないご飯粒は、お湯をかけてやわらかくして取って食べている父がいました。それで私も、ご飯はもちろん、他のおかずでも無意味に残すような食べ方には抵抗を覚えてしまいます。お箸が日本人ほどうまく使えない夫は、...

  • 2011.04.03

パエトーン

これもtakoomeさんのところでいただいてきました。≪特別公開≫ 山岸凉子 パエトーン (潮出版の無料ウエブコミック)「遠いむかし、神になり代われると思いあがった若者・パエトーンをめぐる悲劇。ギリシャ神話に描かれたこの物語を現代に展開し、原子力発電の是非について世に問いかけた山岸凉子の短編作品『パエトーン』(1988年作品)を、今回Webにて特別公開させていただくこととなりました。「原子力発電」の必要性や安全性...

  • 2011.04.02

管総理とサルコジ大統領の会見

31日の会見を当日は見ることが出来なかったので、動画を探してみました。こちらは無料登録をしないとなりませんが、サルコジ大統領の演説に日本語通訳がついたもの。(視聴者からのコメントが時々テロップで流れるのが余計な気がしますが、他に見つからなかったので。)こちらは管総理の演説にフランス語通訳がついたもの。(フランス語訳にするとこんなに能弁な演説になるのね。)◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇タイにお住まい...

  • 2011.04.02

日本の国旗

先月の土曜のことですが、トトとナナの通っている中学校で、新入生獲得のための学校公開日がありました。新年度の9月から中学生になる子供たちのために、この日あちこちの私立学校が見学自由になるのです。もちろん中途入学の生徒も見学可能です。親とともにやって来る子供たちは、各教室を訪れ、各教科を代表する先生と会うことができ、学校の雰囲気をつかむことが出来るので、どの中学に入れようかと考えている親にも子供にも参...

  • 2011.04.01