カテゴリー "社会" の記事 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

カテゴリー "社会" の記事

スポンサーサイト

  • --.--.--

「極右」という言葉と、言葉のちから

フランスに来て初めて目の当たりにした大統領選は、2002年のことでした。シラクと、マリーヌ・ルペンの父親であるジャン=マリ・ルペンの一騎打ちになり、シラクが圧勝しました。ルペン率いる国民戦線は、すでに「極右」というラベルでメディアに忌み嫌われており、どのジャーナリスト達も彼らに市民権を与えないよう、何も知らない私には不当と思えるほど執拗な批判と排除を続けていました。言論の自由があるこの国で、そこまであ...

  • 2017.05.12

新大統領は規格外の男?

大統領選の投票&開票日は、3連休の中日で、トトが下宿先から久しぶりに戻ってきていて、テレビで結果発表を見ながら、彼の20歳を祝うおウチゴハンを皆で食べました。第一回投票でマクロンとルペンが残った時点から、メディアがどんなにそらぞらしく書き立てようと、マクロンが大統領になるのはわかりきっていたことで、何のサスペンスもスリル感もない発表でしたので、わが家としてはルペン女史が何パーセントに到るかを当てる...

  • 2017.05.10

チューリップ基金

今年もまた、街頭で売られていますよ。ジョード広場のキヨスクです。チューリップでがん撲滅研究助成基金売上げは、がん研究やがん病棟などへの助成基金として使われるものです。球根もついているので、植えることが出来ますよ一束5ユーロから。近所のレストランの人が、白だけの花束がほしいんだけど・・・と来ましたが、白いのはこの日は一束しか入荷しませんでした。日によって、色はわからないのです。風が冷たかった・・・け...

  • 2017.04.06

今年もチューリップ基金

寒い春が続いていますが、チューリップはちゃんと咲いてくれましたよ。街頭に立っていると、冷たい空気が肌にしみてきますが、買ってくれる人は後を絶ちません。今年も街頭販売しています。 チューリップでがん撲滅研究助成基金自宅に生けたり、プレゼントしたり、やさしい花のエネルギーを取り入れてみて下さいね。見かけたら、どうぞよろしくお願いします!1束5ユーロです。...

  • 2016.04.08

11月13日金曜日

週末、陽ざしは暖かく、空は目に沁みるほど晴れていたけれど、残虐で用意周到な惨状に心は晴れなくて、どこにも出かける気になれませんでした。たとえ出かける気になったとしても、このパリからは離れているクレルモン・フェランの町でも、市法令によりすべての催し物はキャンセルになりました。今年は、シャルリーエブド襲撃に始まって、続いて日本人の人質事件、そして一年の終わりに近づいた今、今回のパリ大惨事が起こり、イス...

  • 2015.11.16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。