カテゴリー "バカンス" の記事 - ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

カテゴリー "バカンス" の記事

永遠なるヴェネツィア詩情

カレンダーにあった、現代フランス人画家ギィ・デサップさんの絵を、切り取って額に入れて、大切に飾ってもう何年になるのでしょう。この絵に惹かれたのは、私の内部のヴェネツィアへの憧れを、申し分ないくらいそっくりそのまま映し出しているからでした。心の鏡であり、同時に夢を語ってくれているものでした。この絵を見ながら、「いつか行けますように・・・」とずうっと願っていました。手元にあるのはいつのまにか日に焼けて...

  • 2016.02.28

夢が近づく・・・

・・・長年の夢です・・・。若いころ、森川久美さんという方のマンガ 「ヴァレンチノ・シリーズ」 が大好きでした。中世ヴェネチア共和国のドージェ(元首)を務める麗しのヴェレンチノ、実は男装の麗人です。私の中では、彼女に会いに行く・・・という感じ。塩野七生さんの「聖マルコ殺人事件」の舞台でもあった、聖マルコ広場も歩いてきます。楽しみで・・・せつないくらい、息苦しいほどです。プハー、プハー (溺れる金魚の...

  • 2016.02.17

素敵なマルセイユ

クリスマス前にリカちゃんも連れて家族旅行をしてきました。パリに次ぐフランス第2の都市ですが、治安が悪いだの、ゴミ収集の長期ストだの、私の中でいいイメージがまったくなかった町マルセイユ。でも、行ってみたら・・・、とっても素敵な町でビックリ!!悠久の歴史を感じる港町は、見どころ沢山で、大好きな旅の目的地になりました。皆さんにも、マルセイユの空気をほんの少しでも味わっていただけますようにこの中に、デュマ...

  • 2016.01.03

アルプス便り 2015

例夏通り、アルプスに来ました。ナナの留学準備が控えているので、トトのフランス語のバカロレア試験の口頭試験が終了するやいなや、7月早々に出発しました。例年通りでなかったのは、気温。異常気象の猛暑で、連日40℃でしたから、25℃に下がったアルプスの山の気温には救われた思いでした。生き返りました。去年はトトの友達3人とナナの友達1人で、男の子5人と女の子2人を連れてでしたが、今年はナナの友達2人、トトの彼...

  • 2015.07.23

アルプスなう (写真3枚追加)

夏休み第2弾として、最終週のただ今、アルプスのロッジに来ております。(今年は標高2300m Val Thorens というところです)トトの友達3人とナナの友達1人も連れて来て、ティーンエイジャー6人と私たち夫婦、全部で8人の大所帯。一週間分の食糧も積んだら、片道5時間の車の中は身動きできないほどぎゅうぎゅう詰めでしたが、和気藹々と賑やかで楽しいバカンスになりました。ずっと天候不良の今年のフランスの夏でしたが、ここ...

  • 2014.08.29